立山黒部アルペンルート

立山黒部アルペンルート

立山ケーブルカー、立山高原バス、立山トンネルトロリーバス、立山ロープウェイ、黒部ケーブルカー、関電トンネル電気バスを乗り継ぎ、北アルプス立山連峰、後立山連峰を横断する立山区炉ばアルペンルート。図解で、旅するポイントを解説します。

立山駅(富山地方鉄道→立山ケーブルカー)|標高475m

富山地方鉄道(電鉄富山駅〜立山駅)の終点が立山駅で、ここが立山黒部アルペンルートの富山県側の起点です。
立山駅で立山ケーブルカーに乗り換え。
余分な手荷物はアルペンポーターサービスで、運んでもらうことができます。

カーナビの場合は立山駅(TEL076-482-1705)を登録して誘導すればOK。
立山駅前の駐車場に車を入れますが、長野県側の扇沢まで抜ける場合には、立山駅~扇沢のマイカー回送サービスの利用が可能です。

立山駅

立山駅(富山地方鉄道・立山ケーブルカー)

立山黒部アルペンルート富山側の出発点で、富山地方鉄道立山線と立山ケーブルカー(立山黒部貫光)の駅で、標高475m。マイカーの場合はここで駅に隣接する立山駅駐車場(臨時をあわせて1500台収容)に車を入れ、立山ケーブルカーに乗り換えることにな

美女平駅(立山ケーブルカー→立山高原バス)|標高977m

立山ケーブルカーから立山高原バスへの乗り換え駅が美女平駅。
立山杉(美女杉)茂る立山の溶岩台地の末端で、ここから高原バスで溶岩台地の上を森林限界を突破し、最高所の室堂平を目指します。

美女平駅

美女平駅

立山黒部アルペンルートで、富山側から入山した場合、立山駅から立山ケーブルカーで上った場所が標高977mの美女平駅。室堂平から13km続く立山火山の火砕流(約10万年前に発生)によって形成される台地の末端に位置しています。つまりは美女平駅は、

立山高原バス

立山高原バス

富山県中新川郡立山町、立山黒部アルペンルート途中、立山ケーブルカーの美女平駅(標高977m)と立山トンネルトロリーバスと接続する室堂ターミナル(2450m)とを結ぶのが、立山高原バス。運行するのはケーブルカーと同じ立山黒部貫光で、23kmを

弥陀ヶ原(立山高原バス)|標高1930m

階段状になった溶岩台地を登る立山高原バスですが、途中の弥陀ヶ原は、富山平野を眼下に、伸びやかな湿原に木道が整備され、散策に絶好の地。
湿原の脇には設備の整った弥陀ヶ原ホテルも建っています。
また、立山カルデラを眺める展望台への歩道も整備され、爆裂火口を見学可能。

弥陀ヶ原

弥陀ヶ原

富山県立山町、立山黒部アルペンルート途中にある弥陀ヶ原(みだがはら)は標高2000m内外の高原地帯で、溶岩台地に湿原が広がる雲上の別天地。「餓鬼の田圃」(がきのたんぼ)と呼ばれる池塘(ちとう)が散在し、高山植物の宝庫となっています。「立山弥

弥陀ヶ原遊歩道

弥陀ヶ原遊歩道

富山県立山町、立山黒部アルペンルート途中にある弥陀ヶ原(みだがはら)は約10万年前の立山火山噴出物によって形成された標高2000m内外の溶岩台地。日本国内では最も標高の高い所にあるラムサール条約登録湿地(「立山弥陀ケ原・大日平」)の弥陀ヶ原

立山カルデラ展望台

立山カルデラ展望台

立山黒部アルペンルート途中、弥陀ヶ原(みだがはら)にある展望地が立山カルデラ展望台。立山高原バスを弥陀ヶ原で下車し、「国民宿舎 天望立山荘」入口横から森林帯の中の遊歩道を歩けば立山カルデラ展望台で立山黒部ジオパークのジオサイトにもなっていま

天狗平(立山高原バス)|標高2300m

途中下車する人は少ないのですが、穴場の別天地が天狗平。
室堂〜天狗平〜弥陀ヶ原を結ぶ立山登拝道をトレッキングすることもでき、とくに室堂〜天狗平のハイキングは、雷鳥を観察し、高山植物花咲くアルペン的な雰囲気を楽しむことができます。
立山高原ホテル、天狗平山荘があり、散策の基地に絶好です。

天狗平

天狗平

立山は富山側には標高977mの美女平から標高2450mの室堂平まで南北3km、東西20kmの大高原が広がっています。立山黒部アルペンルート最高所の室堂平のひとつ手前の高原台地が天狗平。室堂ターミナルからも徒歩で1時間ほどのハイキングで到達で

室堂ターミナル(立山高原バス→立山トンネルトロリーバス)|標高2450m

立山黒部アルペンルートの最高所が室堂ターミナル。
立山トンネルトロリーバスは、鉄道事業なので、実は日本国内の最高所にある駅ということになり、駅そばも営業。
ターミナルではホテル立山(日本ホテル協会加盟)も営業し、日本最高所のホテルとなっています。
30分ほど歩けば、日本最高所のみくりが池温泉もあり、日帰り入浴も可能。
立山(雄山)への登山道もこの室堂から一の越経由が最短コース。
室堂には雷鳥も生息、残雪も残るので、真夏の雪合戦を楽しむことができます。
室堂園地に引水された玉殿湧水は、立山トンネルの破砕帯(はさいたい)から湧き出す水で、環境省の名水百選にも選定。
室堂ターミナルで料理などに使われる水も玉殿湧水です。

室堂ターミナル

室堂ターミナル

富山県立山町の立山駅(立山ケーブル)と長野県大町市の扇沢駅(関電トンネル)を結び、北アルプスの後立山連峰(うしろたてやまれんぽう)と立山連峰を貫く山岳観光ルートが立山黒部アルペンルート。その最高所、立山(標高3015m)の山上、室堂平(標高

絶景! 夏休みは涼しい高原の宿へ!(1) ホテル立山

うだるような暑さを逃れて、夏は涼しい高原の宿へ! その1は、日本最高所に建つ、日本ホテル協会加盟の、ホテル立山。立山黒部アルペンルートの最高所、室堂(富山県中新川郡立山町)の標高2450mに建っています。盛夏も20度を上回ることは稀というク

ミクリガ池一周コース

ミクリガ池一周コース

富山県立山町、立山黒部アルペンルートの最高所、室堂ターミナル(標高2450m)を起点とした、もっとも手軽な散策プランがミクリガ池一周コース。室堂平は、立山カルデラから流出した溶岩によって誕生した溶岩台地。台地上とその周辺でマグマ水蒸気爆発を

雄山登山・立山登拝道コース

雄山登山・立山登拝道コース

富山県立山町、日本三霊山に数えられる立山の主峰・雄山(おやま標高3003m)へは、立山黒部アルペンルートの最高地点・室堂ターミナル(標高2450m)から一ノ越を経て山頂に立つ登り2時間30分、下り1時間30分の登山コースあり、人気のルート。

立山玉殿の湧水

立山玉殿の湧水

富山県立山町、立山黒部アルペンルートの最高所、室堂平にある給水スポットが玉殿の湧水。玉殿の湧水は、立山連峰の地下にある破砕帯と呼ばれる場所から湧き出している水。全国で唯一のトロリーバスが走る立山トンネルの内部、立山・雄山直下から湧き出す清冽

みくりが池温泉

みくりが池温泉

立山黒部アルペンルートの最高所、室堂平・ミクリガ池の畔に建つ「みくりが池温泉」は、標高2410mに位置し、日本最高所に湧く一軒宿の温泉。「日本秘湯を守る会」の会員にもなっている雲上の秘湯です。泉質は単純酸性硫黄泉で、神経痛、筋肉痛、疲労回復

日本最高所の「駅そば」

日本最高所の「駅そば」は、標高2450mの高所にあった!

日本の鉄道最高地点は、小海線で、最高所の駅は野辺山駅(のべやまえき)だと勘違いしていませんか!? 日本最高所の駅は、立山黒部アルペンルートの最高所、立山トンネルトロリーバスの室堂駅。トロリーバスは鉄道事業法のれっきとした鉄道。というわけで、

大観峰(立山トンネルトロリーバス→立山ロープウェイ)|標高2316m

室堂平から立山直下を立山トンネルで抜けると、断崖にへばりつくように建つ、大観峰駅。
立山トンネルトロリーバスの駅でもあるので、鉄道駅のひとつ。
大観峰駅の屋上は「大観峰雲上テラス」で、下界で気温が30度を超えるような日でも、日中の最高気温が15度〜20度くらいです。
ここで立山ロープウェイに乗り換えますが、後立山連峰の眺めを満喫していきましょう。
室堂のホテル立山に宿泊すれば、臨時のご来光バスに乗車し、後立山連峰からの日の出を眺めることができます(有料サービス)。

大観峰

大観峰

立山黒部アルペンルート途中、立山連峰の東面に位置する大観峰は標高2316mで、立山ロープウェイと立山トンネルトロリーバスの乗り換え駅にもなっています。立山連峰の大岩壁にへばりつくように建つ駅で、売店があるほか、屋上が展望台になっています(屋

立山トンネルトロリーバス

立山トンネルトロリーバス

立山連峰の雄山山頂直下を抜ける立山トンネル。関電トンネル同様に破砕帯(はさいたい=北アルプス造山の断層運動で生まれた岩が細かく割れ、地下水を溜め込んだ軟弱な地層)が難工事を生みましたが、現在では立山黒部アルペンルートの最高所を抜けるトロリー

大観峰

ホテル立山に泊まって、大観峰でご来光!

立山黒部アルペンルートの最高所、室堂平(標高2450m)に建つ「ホテル立山」。そのホテル立山宿泊者限定のアクティビティが「ご来光バス」。立山山頂直下を通り抜ける立山トンネルトロリーバスを、早朝、特別な臨時便を運行。トンネルを抜けた黒部峡谷側

黒部平駅(立山ロープウェイ→黒部ケーブルカー)|標高1828m

途中に支柱が1本も設けられていないワンスパン方式(途中に支柱のない方式)では日本最長(1700m)という立山ロープウェイで下ると黒部平駅。
黒部平駅に併設されて立山連峰から黒部湖に張り出したテラス状の黒部平園地があり、立山連峰東面の氷河地形を見上げることができます。
気候的には、ソフトクリームなどを味わうには最適。
黒部湖方面、室堂方面に向かう人のピークは、ともに13:00~15:00頃。
できれば、弥陀ヶ原、室堂に宿泊し、この時間を避けるのが賢明です。

立山ロープウェイ

立山ロープウェイ

富山県中新川郡立山町、立山黒部アルペンルート途中、大観峰駅と黒部平駅間を結ぶ立山黒部貫光が経営する索道が立山ロープウェイ。途中に支柱が1本も設けられていないワンスパン方式では日本最長(1700m)のロープウェイで、大観峰駅(標高2316m)

黒部ケーブルカー(黒部平駅)

黒部ケーブルカー(黒部平駅)

立山黒部貫光鋼索線といういかつい名前が正式名で、立山黒部アルペンルート途中の黒部湖駅(標高1455m)と黒部平駅(1828m)を結ぶ黒部ケーブルカー(全線が地下)。ケーブルカーの駅としては日本一標高が高い場所にある駅が黒部平駅で、駅の屋上は

黒部平園地

黒部平園地

黒部平は、立山黒部アルペンルート途中、黒部ケーブルカーと立山ロープウェイの乗り換え駅。黒部平駅に併設されて立山連峰から黒部湖に張り出したテラス状の黒部平園地があり、標高は1830m。小さいながらも黒部平庭園とも呼ばれる、高山植物園と遊歩道が

黒部湖駅|標高1455m

黒部平駅と黒部湖駅を結ぶ黒部ケーブルカーは、自然保護と雪崩の被害防止のため全線地中。
標高差373m、最大斜度13度を5分で結んでいますが、全線トンネルなのは日本ではここだけ。
乗車しているのは運転士ではなく、実は安全監視を行なう車掌です。
黒部湖駅と関電トンネル電気バスの黒部ダム駅の間は、黒部ダムの堰堤上を600mほど歩くので、乗り換えの時間にはゆとりが必要。
黒部ケーブルカー黒部湖駅近くの黒部湖桟橋からは黒部湖遊覧船ガルベも出航しています。

黒部ケーブルカー(黒部湖駅)

黒部ケーブルカー(黒部湖駅)

立山黒部アルペンルート途中、黒部湖のダムサイトから立山へと向かう黒部ケーブルカー。黒部湖駅(標高1455m)と黒部平駅(1828m)間の全長0.8km、標高差373m、最大斜度13度を5分で結んでいます。自然景観保護と雪崩などの危険を避ける

黒部湖遊覧船ガルベ

黒部湖遊覧船ガルベ

富山県中新川郡立山町、立山黒部アルペンルート途中の黒部ダムのダム湖、黒部湖。立山連峰と後立山連峰(うしろたてやまれんぽう)に挟まれた黒部湖を30分ほど周遊するのが、黒部湖遊覧船ガルベです。黒部湖の最高標位は1448mなので日本最高所の遊覧船

関電トンネル電気バス黒部ダム駅|標高1470m

黒部ケーブルカー黒部湖駅から、黒部ダムの堰堤上を歩き、黒部ダムレストハウス側から乗車するのが関電トンネル電気バス。
映画『黒部の太陽』で知られる破砕帯を突破する難工事の末に開通したのが関電トンネルで、黒部ダムの建設には不可欠な存在だったのです。
ダムサイトには殉職者171名の名前が刻まれた黒部ダム・殉職者慰霊碑も立ち、工事の苦労を今に伝えています。
ダムを眺めるビューポイントは、放水観覧ステージ(黒部ダム)、ダム展望台(黒部ダム)の2ヶ所。
黒部ダムレストハウスではダムカレーも用意。
ちなみに黒部ダム駅は、以前に関電トンネルトロリーバスの駅だったため(鉄道駅)駅が付いていましたが、バスになったため、正しくは黒部ダムバス停ですが、以前のままに黒部ダム駅と通称されています。

関電トンネル電気バス

関電トンネル電気バス(黒部ダム駅)

黒部ダム建設のために後立山連峰(うしろたてやまれんぽう)を貫き通された関電トンネル(黒部トンネル、大町トンネル)を走る電気バスが関電トンネル電気バス。立山黒部アルペンルートの信州側の玄関口、大町市扇沢と黒部ダム(黒四ダム)を結んでいます。そ

黒部ダムレストハウス

黒部ダムレストハウス

富山県中新川郡立山町、黒部ダムのダウサイトにあるレストハウスが、黒部ダムレストハウス。関電トンネル電気バス黒部ダム駅から徒歩5分、黒部湖を眺めながら、名物の「黒部ダムカレー」を味わうことができます。黒部ダムでは貴重な休憩スポットです。少し辛

殉職者慰霊碑

黒部ダム・殉職者慰霊碑

富山県中新川郡立山町、北アルプス立山連峰と後立山(うしろたてやま)連峰に挟まれた秘境・黒部川に建設された黒部ダム(黒四ダム)。その建設には、途中で一時期完成を諦めるというほどの難工事が待受、ダム堰堤東側の一角には世紀の大工事で犠牲となった殉

放水観覧ステージ(黒部ダム)

放水観覧ステージ(黒部ダム)

黒部ダム(黒四ダム)の風物詩ともいえるのがグリーンシーズンに行なわれる観光放水。毎秒10トン以上の水が水煙をあげますが、この放水を間近に見学できる方法は、放水観覧ステージの利用。ダムサイトの野外階段の中腹に位置し、放水をほぼ真正面から眺める

ダム展望台(黒部ダム)

ダム展望台(黒部ダム)

黒部ダムの風物詩ともいえるのがグリーンシーズンに行なわれる観光放水。毎秒10トン以上の水が水煙をあげるが、この放水を俯瞰的に展望できるのが、展望台のうちでも最上部にあるダム展望台。関電トンネル黒部ダム駅から地中階段220段を上るか、野外階段

関電トンネル電気バス扇沢駅|標高1433m

黒部ダム駅から関電トンネル電気バスに揺られて16分(6.1km)で、立山黒部アルペンルートの大町側(長野県側)玄関口の扇沢です。
後立山連峰の赤沢岳の下をトンネルで抜けていますが、ここが富山県と長野県の県境で、難工事だった破砕帯を抜けます。
扇沢駅ターミナルのレストランで出されるダムカレーは、日本各地にあるダムカレーのルーツ。
扇沢駅からは、路線バスに乗り継げば、JR大糸線・信濃大町駅に出ることができます。
扇沢と長野駅を結ぶ特急バスを利用すれば、北陸新幹線と立山黒部アルペンルートのジョイントプランも完成します。

関電トンネル電気バス扇沢駅

立山黒部アルペンルートの長野県・大町市側の玄関口となるのが扇沢駅。黒部トンネル(関電トンネル)の開通、黒部ダムの完成を受けて、昭和39年8月1日に開業した歴史ある立山黒部アルペンルートの大町側入口。平成31年4月から関電トンネル電気バスが運

立山黒部アルペンルート
名称 立山黒部アルペンルート/たてやまくろべあるぺんるーと
所在地 富山県中新川郡立山町芦峅寺〜長野県大町市平
関連HP 立山黒部アルペンルート公式ホームページ
電車・バスで 富山地方鉄道立山駅、または、関電トンネル電気バス扇沢駅から立山黒部アルペンルート
ドライブで 北陸自動車道立山ICから約25kmで立山駅駐車場。長野自動車道安曇野ICから約40kmで扇沢駐車場
駐車場 立山駅駐車場(900台/無料、混雑時は臨時駐車場を600台/無料を開設) 扇沢駐車場(350台/有料、230台/無料、混雑時は臨時駐車場を600台〜800台/有料を開設)
問い合わせ 立山黒部アルペンルート オフィシャルガイド TEL:076-432-2819
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

取材・画像協力/富山県観光振興室、立山黒部貫光、立山黒部アルペンルート

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

おすすめ

よく読まれている記事

こちらもどうぞ