黒部ダムレストハウス

黒部ダムレストハウス

富山県中新川郡立山町、黒部ダムのダウサイトにあるレストハウスが、黒部ダムレストハウス。関電トンネル電気バス黒部ダム駅から徒歩5分、黒部湖を眺めながら、名物の「黒部ダムカレー」を味わうことができます。黒部ダムでは貴重な休憩スポットです。

少し辛口のグリーンカレー「黒部ダムカレー」が名物

黒部ダムレストハウス

「黒部ダムカレー」が青緑色をしているのは、「ほうれん草のピューレを使って黒部湖の色を再現」したから。
少し辛口のグリーンカレーです。

そのほか、昭和40年代からの伝統ある「アーチダムカレー」、甘口の「お子様ダムカレー」、スイーツでは、「くろにょんソフト」、「破砕帯チョコムース」、「ハサイダーフロート」などが用意されています。
今では全国に数あるダムカレーですが、昭和40年代初頭、関電トンネルトロリーバス扇沢駅の大食堂(現・扇沢レストハウス)で登場の「アーチカレー」(現在は「黒部ダムカレー」として販売)がルーツ(さらに遡れば、建設現場の作業員に提供したカレーを、日向山高原にあった大町クラブハウス、現在のANA ホリデイ・インリゾート信濃大町くろよんで「アーチカレー」として出したのが始まり)。

関電トンネル電気バス「チョロQ」など黒部ダムグッズなどのみやげ品販売コーナがあるほか、1階と3階には休憩スペースも用意。

黒部ダムレストハウス
名称 黒部ダムレストハウス/くろべだむれすとはうす
所在地 富山県中新川郡立山町芦峅寺
関連HP 関西電力公式ホームページ
電車・バスで 富山地方鉄道立山駅、または、関電トンネル電気バス扇沢駅から立山黒部アルペンルート利用
ドライブで 北陸自動車道立山ICから約25kmで立山駅駐車場。または、長野自動車道安曇野ICから約40kmで扇沢駐車場
駐車場 立山駅駐車場(900台/無料、混雑時は臨時駐車場を600台/無料を開設) 扇沢駐車場(350台/有料、230台/無料、混雑時は臨時駐車場を600台〜800台/有料を開設)
問い合わせ くろよん総合予約センター TEL:0261-22-0804
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
黒部ケーブルカー(黒部湖駅)

黒部ケーブルカー(黒部湖駅)

立山黒部アルペンルート途中、黒部湖のダムサイトから立山へと向かう黒部ケーブルカー。黒部湖駅(標高1455m)と黒部平駅(1828m)間の全長0.8km、標高差373m、最大斜度13度を5分で結んでいます。自然景観保護と雪崩などの危険を避ける

黒部ダム(黒四ダム)

黒部ダム(黒四ダム)

黒部ダムは、戦後日本の電力不足を補うために昭和31年から7年の歳月をかけ完成した関西電力のアーチ式ダム。黒四ダムと通称されるのは、黒部川第四発電所から。とくにダム建設のために大町とダムサイトを結ぶトンネル工事は破砕帯(はさいたい)と呼ばれる

殉職者慰霊碑

黒部ダム・殉職者慰霊碑

富山県中新川郡立山町、北アルプス立山連峰と後立山(うしろたてやま)連峰に挟まれた秘境・黒部川に建設された黒部ダム(黒四ダム)。その建設には、途中で一時期完成を諦めるというほどの難工事が待受、ダム堰堤東側の一角には世紀の大工事で犠牲となった殉

ダム展望台(黒部ダム)

ダム展望台(黒部ダム)

黒部ダムの風物詩ともいえるのがグリーンシーズンに行なわれる観光放水。毎秒10トン以上の水が水煙をあげるが、この放水を俯瞰的に展望できるのが、展望台のうちでも最上部にあるダム展望台。関電トンネル黒部ダム駅から地中階段220段を上るか、野外階段

放水観覧ステージ(黒部ダム)

放水観覧ステージ(黒部ダム)

黒部ダム(黒四ダム)の風物詩ともいえるのがグリーンシーズンに行なわれる観光放水。毎秒10トン以上の水が水煙をあげますが、この放水を間近に見学できる方法は、放水観覧ステージの利用。ダムサイトの野外階段の中腹に位置し、放水をほぼ真正面から眺める

関電トンネル電気バス

関電トンネル電気バス(黒部ダム駅)

黒部ダム建設のために後立山連峰(うしろたてやまれんぽう)を貫き通された関電トンネル(黒部トンネル、大町トンネル)を走る電気バスが関電トンネル電気バス。立山黒部アルペンルートの信州側の玄関口、大町市扇沢と黒部ダム(黒四ダム)を結んでいます。そ

立山黒部アルペンルート

立山黒部アルペンルート

立山ケーブルカー、立山高原バス、立山トンネルトロリーバス、立山ロープウェイ、黒部ケーブルカー、関電トンネル電気バスを乗り継ぎ、北アルプス立山連峰、後立山連峰を横断する立山区炉ばアルペンルート。図解で、旅するポイントを解説します。立山駅(富山

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

おすすめ

よく読まれている記事

こちらもどうぞ