北八ヶ岳・坪庭

北八ヶ岳・坪庭

長野県茅野市北山、北八ヶ岳ロープウェイで上った標高2337mの横岳坪庭山頂駅周辺に広がるのが溶岩台地の坪庭。坪庭の名の通り、33万平方メートルの自然の庭園で、ハイマツ茂る高山帯の雰囲気で、コケモモ、ガンコウランなどの高山植物が観察できます。時計回りに一周する40分の遊歩道も整備。

亜高山帯にある溶岩台地に高山植物が繁茂!

亜高山帯程度の標高にあるにもかかわらず、シラビソなどの樹林がなく、高山帯に見られるようなハイマツや高山植物が生育するのは、溶岩の流出が新しいから。
北横岳の噴火で噴出した溶岩が固まってできた溶岩台地ですが、いつ頃流出した溶岩流かは定かでありません。
坪庭の八丁平溶岩は、溶岩の下の土壌の年代から600年前~800年前の溶岩流ではないかと推定されていますが(放射年代測定による)、これだけの噴火なのに、古文書に噴火の記録が一切残っていないのも不思議です。

つまり、溶岩流の噴出が新しいため、植生が発達せず、高山帯の様相を示していることに。
坪庭途中から登山道に入り、北横岳へ足を伸ばすと、コメツガ、シラビソなど亜高山帯の樹林帯を歩くことになるので、逆転現象が起こっていることがわかります。
まさに火山の軌跡が生んだ火山の奇跡と呼べるもの。

コイワカガミ、ミネズオウ、コケモモ、アキノキリンソウ、クロマメノキ、チョウジコメツツジ、シラタマノキ、ゴゼンタチバナ、ミツバオウレン、ミヤマニガイチゴ、コメバツガザクラ、ガンコウランなどで、坪庭の高山植物の見頃は、例年6月中旬~8月中旬。
遊歩道沿いに高山帯を示すハイマツのほか、シラビソ、ダケカンバ、コメツガなどが茂るのは、本来は亜高山帯だから。

時計回りに一周する遊歩道途中から、北横岳への登山道に入ると、山頂までは徒歩1時間(三ツ岳方面には決して入らないよう注意が必要)。
七ツ池近くに北横岳ヒュッテが営業しています。
さらに坪庭を歩けば、再び雨池峠方面への分岐があり、分岐から雨池峠方面に10分ほど歩けば笹原に縞枯山荘があり、軽食・喫茶も可能です。

北八ヶ岳・坪庭
少し足を伸ばせば縞枯山荘が
北八ヶ岳・坪庭
名称 北八ヶ岳・坪庭/きたやつがたけ・つぼにわ
所在地 長野県茅野市北山
関連HP 北八ヶ岳ロープウェイ公式ホームページ
電車・バスで JR茅野駅からアルピコ交通バス北八ヶ岳ロープウェイ行きで1時間、終点下車、北八ヶ岳ロープウェイで7分
ドライブで 中央自動車道諏訪ICから約23km、北八ヶ岳ロープウェイで7分
駐車場 北八ヶ岳ロープウェイ山麓駅駐車場(600台/無料)を利用
問い合わせ 北八ヶ岳リゾート TEL:0266-67-2009/FAX:0266-67-3220
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

北八ヶ岳ロープウェイ

長野県茅野市北山、北八ヶ岳の北横岳と縞枯山の間、雲上の自然庭園・坪庭に架るのが北八ヶ岳ロープウェイ。標高1771mの山麓駅と標高2237mの横岳坪庭山頂駅を100人乗りのゴンドラが7分で結んでいます。全長2147m、標高差466mを一気に上

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ