小島神社

小島神社

長崎県壱岐市芦辺町の内海湾(うちめわん)に浮かぶ小島に鎮座する神社が小島神社。干潮時の前後、数時間だけ海から参道が現れて歩いて参拝することができ、太陽と月の引力によって神様に出会うことができる神秘のパワースポットとして注目され、その雰囲気から「壱岐のモンサンミッシェル」と呼ばれています。

干潮時だけ参拝可の「壱岐のモンサンミッシェル」

小島神社のある内海湾(うちめわん)は、『魏志倭人伝』(ぎしわじんでん)に記載される「一支国」の王都・原の辻(現在の原の辻遺跡)を訪れる古代船が往来した玄関口。

島の対岸に駐車場があり、堤防から階段を下れば浜に降りることができます。
この堤防下から干潮時にはトンボロ現象を活かして、島に渡る仕組み。
小島神社の祭神は、素戔嗚命(すさのおのみこと)で旧暦9月8日が例祭。
恋愛成就や縁結びに御利益があるとのこと。
素戔嗚命が、祇園信仰に由来するとすれば、明治の神仏分離以前は、牛頭天王(ごずてんのう)を祀っていたことに。
牛頭天王・素戔嗚命は、朝鮮半島に起源があるという説もあるので、国境の島に鎮座する素戔嗚命にはそうした古代史のロマンも感じることができるのです。

島全体が神域なので、島内にある小石も持ち帰ることはできません。
御朱印をいただく際には必ず事前に電話で予約を。

内海湾・小島神社は日本遺産「国境の島 壱岐・対馬・五島~古代からの架け橋~」の構成資産にもなっています。

小島神社
名称 小島神社/こじまじんじゃ
所在地 壱岐市芦辺町諸吉二亦触1969
関連HP 壱岐市観光連盟公式ホームページ
ドライブで 芦辺港から約4.5km
問い合わせ 寄八幡神社 TEL:0920-45-1263(御朱印は要予約)
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

『魏志倭人伝』に記された、一支国・末廬国の都へ!

今回はGoogleマップを使って『魏志倭人伝』(ぎしわじんでん)の旅を試みます。『魏志倭人伝』は、中国の歴史書『三国志』中の「魏書」第30巻烏丸鮮卑東夷伝倭人条の略称。3世紀末に西晋の陳寿が記した3世紀の日本を知る貴重な史料です。鮮半島から

地図で知る『魏志倭人伝』の旅

奴国までの旅は、ほぼルートがわかってきた!【韓国から狗邪韓国へ】水行し韓国をへて狗邪韓国に至る。7000余里【狗邪韓国から対馬国へ】始めて一海を渡る1000余里。対馬国に至る。1000戸余【対馬国から一支国へ】南、一海を渡る1000余里。一

『魏志倭人伝』に記された、伊都国・奴国・不彌国の都へ!

今回はGoogleマップを使って『魏志倭人伝』(ぎしわじんでん)の旅を試みます。今回は、そのパート2で、一支国・末盧国に続いての九州上陸編。古代史ミステリーの旅を続けましょう。いよいよ九州本土の伊都國末盧國から「東南陸行五百里、到伊都國」(

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ