数方庭祭|下関市

数方庭祭

毎年8月7日〜8月13日、山口県下関市長府の忌宮神社(いみのみやじんじゃ)で『数方庭祭』(すほうていまつり)が斎行。期間中の毎晩、男子は高さ30m、重さ100kgの大幟(おおや)を担ぎ、女子は切籠(きりこ)と呼ぶ灯籠を吊した七夕飾りを手にし、鉦(かね)・太鼓に和して鬼石のまわりを踊り舞います。

「仲哀天皇の熊襲討伐」を今に伝える祭り

数方庭祭

 忌宮神社の鎮座する地は、仲哀天皇(ちゅうあいてんのう)の九州遠征(熊襲討伐)時の行宮(あんぐう)・穴門豊浦宮(あなとのとゆらのみや)の跡とされ、戦勝を祝い、塵輪の屍体を囲んで踊ったのが『数方庭祭』の始まりともいわれています(日本武尊の子で神功皇后の夫とされる仲哀天皇ですが、歴史学的には実在性には疑問符が付いています)。

2本をつなぎ合わせて作られた大幟と呼ばれる長さ20~30mの竹を担ぐ男達の勇壮な「幟舞い」と、「切篭」と呼ばれる燈篭を付けた七夕飾りを持つ女達の上品で美しい行列が、境内の鬼石と呼ばれる石を周ります。

山口県を代表する奇祭となっています。

数方庭祭
数方庭祭|下関市
開催日時 毎年8月7日〜8月13日
所在地 山口県下関市長府宮の内町1-18
場所 忌宮神社
関連HP 忌宮神社公式ホームページ
電車・バスで JR下関からバスで23分、城下町長府下車、徒歩5分
ドライブで 中国自動車道下関ICから約7.6km
問い合わせ 忌宮神社 TEL: 083-245-1093
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ