松木渓谷

松木渓谷

栃木県日光市足尾町にある渓谷が松木渓谷。明治35年に廃村になった松木村(まつぎむら)跡を流れる松木川の上流にあり、足尾銅山の誕生で、煙害や山火事などで木の生えない岩峰の谷となり(足尾荒廃地)、「日本のグランドキャニオン」とも呼ばれています。現在は緑化事業が行なわれ、徐々に緑が取り戻されつつあります。

「日本のグランドキャニオン」は徒歩で到達

松木渓谷

「日本のグランドキャニオン」と呼ばれる松木渓谷は、足尾銅山の本山坑エリアの奥。
銅親水公園(あかがねしんすいこうえん)として整備され、足尾環境学習センターの建つ足尾砂防ダムのさらに奥に位置しています。

足尾砂防ダムから松木川(まつきがわ/渡良瀬川の源流部)沿いに伸びる車道を徒歩で遡って到達します(銅親水公園の少し先に車止めのゲートがあるので、車は銅親水公園の駐車場に)。
中倉山北壁は、松木ジャンダルム(スイス・アルプス山脈のアイガーにある垂直の絶壁がジャンダルム)とも呼ばれる岩峰です。

松木渓谷は、十分に木が生育していないため、土砂崩れが頻繁に起こるため、谷には谷止工と呼ばれる治山ダムが段々に設置されています。
銅親水公園から3kmほどで、日光森林管理署ヘリポート(所要は1時間ほど)。
日光森林管理署ヘリポート一帯が旧松木村の中心部です。
日光森林管理署ヘリポートのさらに奥には、冬季を除く土・日曜、祝日に「遊動楽舎(みちくさ)」がオープンし、休憩施設として利用できます。

松木村と足尾銅山公害の歴史

松木渓谷

伝承によれば、延暦9年(790年)、日光開山の勝道上人(しょうどうしょうにん)の弟子・慈雲が松木で草庵・方等寺を建立したのに始まるといい、慶長15年(1610年)、農民が黒岩山(備前楯山)で銅を発見し、以降、徳川幕府の直轄の銅山に。
幕末の嘉永6年(1853年)には、二宮尊徳が足尾郷14ヶ村を回っていますが、松木村は37戸178人が暮らし、農林業を営んでいたことがわかっています。

明治10年に足尾銅山は古川市兵衛の経営となり、銅山の発展とともに明治17年、直利橋精錬所が新設され、精錬時に出る亜硫酸ガスで松木村周辺の被害が生まれます。
当時の松木村は、イモ類300石、大麦250石、稗(ひえ)180石、はだか麦80石、大豆50石、小豆10石、大根4万5000本、ごぼう3万5000本、人参2万5000本、さらに養蚕などで収入を得ていました(明治14年の記録)。
明治20年、国内40%の銅を産出する日本一の銅山に。
明治22年に町制施行で合併が行なわれ、松木村は足尾町に。
明治26年にベッセマー式精錬法が導入され、銅の精錬料が増加するに伴い、煙害も拡大。
明治30年にようやく煙害除去を目的とした脱硫塔が完成しますが、煙害はさらにひどくなり、山林は荒廃、農業も成り立たなくなります。
明治34年に人名救助請願を旧松木村全戸(30戸)で国会に提出し、住民24人が移転に合意。
明治35年、ついに旧松木村廃村。
昭和29年、足尾砂防堰堤が完成。
昭和31年、松木渓谷を中心に本格的な治山工事を開始。
昭和48年、足尾銅山閉山。
平成12年、銅親水公園内に足尾環境学習センターが開館。

松木渓谷
名称 松木渓谷/まつきけいこく
所在地 栃木県日光市足尾町
関連HP 日光市観光協会公式ホームページ
ドライブで 北関東自動車道伊勢崎ICから約53kmで銅親水公園
駐車場 銅親水公園を利用
問い合わせ 日光市観光協会 TEL:0288-22-1525
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
足尾銅山観光

足尾銅山観光

富国強兵政策を背景に20世紀初頭には国内の銅の4割を生産していたという足尾銅山。慶長15年(1610年)に鉱床が発見され、明治16年に生産量日本一になっています。昭和9年に鉱毒流出事件を起こしたことでも有名で、閉山したのは昭和48年のこと。

銅親水公園

銅親水公園(足尾砂防堰堤)

栃木県日光市足尾町、かつての足尾銅山の本山坑エリアにあるのが銅親水公園(あかがねしんすいこうえん)。足尾銅山の足尾砂防堰堤(昭和29年完成、通称・足尾ダム)の下に、足尾銅山の煙害で、荒廃した松木渓谷の山々に緑と潤いを取り戻そうと国・県・町の

足尾環境学習センター

足尾環境学習センター

栃木県日光市足尾町のかつての足尾銅山の本山坑エリアにあるのが足尾環境学習センター。公害防止を目的に、昭和29年完成した足尾砂防堰堤横の銅親水公園(あかがねしんすいこうえん)の中心施設です(平成12年開設)。足尾銅山の歴史、足尾銅山の煙害で廃

日本のグランドキャニオン

日本のグランドキャニオン 3選

アメリカの景勝地として筆頭に上げられるのがグランドキャニオン(Grand Canyon=大峡谷の意)。そんな大峡谷が日本にあるはずもありませんが、探せば、ミニミニグランドキャニオン的な場所が・・・。そんな日本のグランドキャニオンを3ヶ所を厳

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ