岡山県立美術館

岡山県立美術館

岡山県岡山市北区にある岡山県ゆかりの美術品を収集・展示するミュージアムが岡山県立美術館。花崗岩の岡山産万成石(まんなりいし)と有田焼を配したモダンな外観は、岡山城をイメージしたもの。館内では、雪舟、宮本武蔵の水墨画、洋画家の国吉康雄、文人画の浦上玉堂など、岡山ゆかりの芸術家の書画、絵画を収蔵展示しています。

雪舟、宮本武蔵など岡山県ゆかりの作品を収蔵

「郷土に親しみ 美を慈しむ」をテーマに、昭和63年3月18日に開館した美術館。
「岡山の美術展」(収蔵品展示)では、古書画・日本画は毎月、洋画・工芸は3ヶ月ごとに展示を入れ替え、あわせて、年数回の特別展も開催しています。

中国・宋末元初の画僧・玉澗(ぎょくかん)の『廬山図』、中国・南宋時代の画僧・牧谿(もっけい)の『老子図』、備中赤浜(現・総社市)生まれの雪舟等楊『山水図(倣玉澗』は、国の重要文化財に指定されています。

宮本武蔵『枯木翡翠図』(『布袋竹雀枯木翡翠図』)、浦上玉堂『山澗読易図』、岡本豊彦『林和靖図』、坂田一男『キュビスム的人物像』、国吉康雄『夜明けが来る』、原田直次郎『風景』など、日本画、洋画のコレクションが充実。

作品の鑑賞後には、眺めのいいミュージアムカフェ「ちゃい夢」でひと息つくことができます。

併設のミュージアムショップ「KENBI CIFAKA(ケンビシファカ)」では、オリジナルのお香やコースターなども販売。

美術館の建つのは天神山地区。
岡山にはかつて天神山、石山、岡山の3つの丘陵があり、天神山に天満天神、石山に石山大明神、岡山に下明神(酒折明神)が祀られていました。

岡山の中心部には岡山県立美術館のほか、夢二郷土美術館本館、岡山県立博物館、林原美術館、岡山市立オリエント美術館、岡山県天神山文化プラザもあって「岡山カルチャーゾーン」と呼ばれています。

岡山県立美術館
名称 岡山県立美術館/おかやまけんりつびじゅつかん
所在地 岡山県岡山市北区天神町8-48
関連HP 岡山県立美術館
電車・バスで JR岡山駅から徒歩18分。または、岡山電気軌道(路面電車)東山線で5分、城下駅下車、徒歩3分
ドライブで 山陽自動車道岡山ICから約8km
駐車場 美術館地下駐車場(38台/無料)
問い合わせ 岡山県立美術館 TEL:086-225-4800/FAX:086-224-0648
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
岡山県立博物館

岡山県立博物館

岡山県岡山市北区、岡山後楽園外苑に建つミュージアムが岡山県立博物館。吉備国(きびのくに)と呼ばれていた古代から、近世にいたるまでの文化財など、およそ1万点を収蔵展示。県政100年の記念事業として昭和46年に開館。吉備国・岡山県の歴史を知る上

夢二郷土美術館 本館

夢二郷土美術館 本館

岡山県岡山市中にある竹久夢二の美術館が、夢二郷土美術館本館。美人画で一斉を風靡した竹久夢二(たけひさゆめじ)の郷土は、岡山県邑久郡本庄村(岡山県瀬戸内市邑久町)。その夢二の生誕100周年を記念して昭和59年に移転開館した美術館です。瀬戸内市

林原美術館

林原美術館

岡山県岡山市北区、岡山藩の迎賓館にあたる二の丸屋敷対面所跡に建てられた美術館が林原美術館(はやしばらびじゅつかん)。地元の実業家・林原一郎氏収集のコレクションと旧岡山藩主・池田家所蔵の大名調度品などからなる、東洋古美術を展示する美術館で、昭

岡山市立オリエント美術館

岡山市立オリエント美術館

岡山県岡山市北区、岡山城の西に昭和54年、日本初のオリエント文明専門美術館として開館したのが岡山市立オリエント美術館。古代オリエントとは現在のイラン、イラク、シリア周辺で、東西文化の交流地・文明発祥の地。出土した装身具や土器、ガラス、モザイ

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ