西大寺観音院

西大寺観音院

岡山県岡山市東区にある高野山真言宗別格本山が西大寺でその本坊が西大寺観音院。奈良時代建立という岡山県でも屈指の古刹で、「日本三大奇祭」のひとつで、数千ものふんどし姿の男たちが2本の宝木(しんぎ)を奪い合う国の重要無形民俗文化『会陽』(えよう/2月第3土曜深夜)で有名です。

天下の奇祭『会陽』が行なわれる真言宗の古刹

寺伝によれば、開山は天平勝宝3年(751年)で、宝亀8年(777年)紀伊の安隆(あんりゅう)上人が現在地に堂宇を建立したのが始まりといい、かつては犀戴寺(さいたいじ)と呼ばれていました。
平安時代末に後鳥羽上皇の祈願文から西大寺に改称しています。

吉井川沿いの広大な敷地には、仁王門、本堂、三重塔など七堂伽藍が建ち並び、鐘楼の銅鐘(朝鮮鐘)は、高麗時代初期(10世紀頃)に朝鮮半島で鋳造されたと推定され、国の重要文化財。
元は石門にありましたが、明治時代に鐘楼に移され、正月三が日は「招福の鐘」として朝鮮鐘を撞くことができます。
邑久大工の築いた牛玉所殿(本殿・釣殿及び拝殿、奥殿)、空海(弘法大師)を祀る高祖堂、経蔵(輪蔵)、仁王門、石門、鐘楼門は国の登録有形文化財。
牛玉所殿は、江戸時代後期に由加山(ゆがさん)の瑜伽大権現(ゆがだいごんげん)、讃岐の金比羅大権現の金毘羅・由加山両参りに加えて、三社参りとして隆盛した牛玉所大権現(ごおうしょだいごんげん)が祀られています。

龍宮城を思わせる石門の正面には鳥居の立つ垢離取場(こりとりば)があり、『会陽』の2週間前から『会陽』当日まで、ここで心身を清める垢離取り修行が行なわれます。
身代り水垢離観音は、観音様が代わりに水垢りをして流し清めてくれるというパワースポットです。

西大寺観音院
名称 西大寺観音院/さいだいじかんのんいん
所在地 岡山県岡山市東区西大寺中3-8-8
関連HP 西大寺観音院公式ホームページ
電車・バスで JR西大寺駅から徒歩10分
ドライブで 山陽自動車道山陽ICから約13km
駐車場 30台/無料
問い合わせ 西大寺観音院 TEL:086-942-2058
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
西大寺『会陽』

西大寺『会陽』|岡山市|2021

2021年2月20日(土)、岡山市の西大寺で『会陽』(えよう=裸まつり)が開催されます。岩手県黒石寺の『黒石裸祭(蘇民祭)』、大阪市四天王寺の『どやどや』と並び日本三大奇祭のひとつ。2010年に500周年を迎えた歴史あるまつりです。1万人も

『山海見立相撲』備前田ノ口

金毘羅・由加山両参り(金比羅・由加山両参り)

江戸時代半ばから、瀬戸内海を隔てた讃岐(さぬき/香川県)の「こんぴらさん」と通称される金毘羅大権現と備前(岡山県)・倉敷の厄除けで名高い由加山(ゆがさん)の瑜伽大権現(ゆがだいごんげん)両方を参詣するのがブームとなりました。由加山は明治初年

日本三大奇祭

日本三大奇祭とは!?

日本三大奇祭に数えられる候補は複数あり、毎年開催を条件にすると有力候補は、黒石寺蘇民祭(岩手県奥州市)、なまはげ柴灯まつり(秋田県男鹿市)、吉田の火祭り(山梨県山梨市)、国府宮はだか祭(愛知県稲沢市)、四天王寺どやどや(大阪市)、西大寺会陽

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ