備中松山城

備中松山城

岡山県高梁市、高梁川を眼下にする4つの峰からなる臥牛山(487m)の山上に建つ山城。岩村城(岐阜県恵那市岩村町)、高取城(奈良県高取町)と並び日本三大山城に数えられています。往時の天守が残る現存12天守のうちでも唯一の山城で、雲の上にそびえる城郭は「天空の城」として人気を集めています。日本100名城にも選定。

備中松山城の天守は、現存天守としては最高所に建つ

備中松山城

山上にある本丸部分

備中松山城

本丸にそびえる天守

仁治元年(1240年)、承久の乱での恩賞で秋葉重信が地頭(じとう)となり砦を築いたのが始まりといわれ、中世の遺構を残す貴重な近世城郭として有名。
山陰と山陽を結ぶ要衝に位置するため、戦国から江戸時代にかけては三村元親(みむらもとちか)、宇喜多直家、小早川隆景(こばやかわたかかげ)らによる争奪戦が展開しました。

戦国時代末には小早川隆景の奮戦で毛利氏の領有となりますが、関ヶ原の合戦で毛利氏が西軍につき敗れた後、城番(小堀正次・政一)を設置。
その際、山城では不便なので、山麓に御根小屋が築かれ、政務は御根小屋で執られることに。

元和3年(1617年)、池田長幸が入城し、6万3000石で備中松山藩が立藩します。

寛永19年(1642年)、水谷勝隆が5万石で入封。
現存する城郭は天和3年(1683年)、時の城主・水谷勝宗(みずのやかつむね)により修築されたものです。

元禄7年(1694年)には水谷家が断絶し、赤穂藩主・浅野長矩が城を受取り、家老・大石良雄(大石内蔵助)が城番となっています。
その後は安藤、石川、板倉と譜代大名が城を守り、明治維新を迎えています。
戊辰戦争では無血開城しましたが、明治6年の廃城令で、御根小屋は破却されましたが、残る建物は不便な山上のため、放置されて荒廃しました。

備中松山城

天守最上層へと続く急な階段

備中松山城

籠城対策で板石で切られた囲炉裏(いろり)

備中松山城

展示物もなく、往時の雰囲気が伝わります

備中松山城

実戦的な鉄砲狭間

美しい石垣と天守、二重櫓、三の平櫓東土塀が現存

備中松山城

見上げるような石垣に登城路が続きます

備中松山城

三の平櫓東土塀は国の重要文化財

備中松山城

国の重要文化財に指定の二重櫓

備中松山城

三の平櫓東土塀(国の重要文化財)

天守の標高は430mと、現存する山城では日本一の高所に建っています。
藩政時代には山麓に御根小屋という御殿を構え、実務はそこで執られていました。
天守、二重櫓、土塀の一部(三の平櫓東土塀)は建築当時のままに現存し、国の重要文化財。
城跡は国の史跡、「日本100名城」にも選定されています。

近年、本丸南御門、東御門、腕木御門、路地門、五の平櫓、六の平櫓などの復元ほか、天守も大改修が施されています。

車の終点ふいご峠から本丸へは山道を徒歩20分(滑りやすい場所もあるので歩きやすい格好と靴で入城を)。
冬期を除く土・日曜、祝日には城見橋公園〜ふいご峠にマイカー規制が実施され、城見橋公園駐車場からシャトルバスを利用。

正保城絵図に見る 備中高松城

正保城絵図 備中高松城

正保城絵図 備中高松城(城郭主要部)

正保元年(1644年)に幕府が諸藩に命じて作成させた城と城下町の絵図が備中高松城。
櫓などの配置が正確に描かれて、軍事機密が幕府にまるわかりという仕組みです。
 

備中松山城 DATA

名称 備中松山城/びっちゅうまつやまじょう
所在地 岡山県高梁市内山下1
関連HP 高梁市観光協会公式ホームページ
電車・バスで JR備中高梁駅からタクシーで10分
ドライブで 岡山自動車道賀陽ICから約11kmで城見橋公園駐車場。駐車場からシャトルバスでふいご峠駐車場へ
駐車場 城見橋公園駐車場(110台/無料)、シャトルバスが運行していない日に限り、ふいご峠駐車場(14台)利用可能
問い合わせ TEL:0866-22-1487
掲載の内容は取材時のものです、最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

頼久寺庭園

2018.10.09

日本100名城 中国13城

2018.05.30

現存12天守に登城しよう!

2018.05.15

日本三大山城 VS 日本三大水城

2018.05.14

高取城

2018.05.14

岩村城

2017.03.26

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

関連記事

よく読まれている記事

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

こちらもどうぞ