門田貝塚史跡公園

門田貝塚史跡公園

岡山県瀬戸内市にある弥生時代前期から鎌倉時代の大規模な集落遺跡で国の史跡になっているのが門田貝塚。吉井川の形成した自然堤防上にある史跡一帯は、門田貝塚史跡公園として整備され、門田貝塚の貝塚再現ゾーン、復元竪穴住居、古代の森を再現した樹木の再現ゾーンがあり、古代の瀬戸内を知ることができます。

弥生時代前期から鎌倉時代の集落遺跡

JR赤穂線の邑久駅(おくえき)近くにある公園では、門田貝塚の調査時に採取した実物の貝殻(ハイガイ・カキ・シジミなど/弥生時代の前期の貝塚から採取)を使った貝塚再現ゾーンや弥生時代後期の竪穴住居2棟が復元。

土壌から見つかった花粉から、古代にはケヤキ、クロマツ、ツガ、コナラ、ウバメガシが茂っていたことが判明しており、樹木の再現ゾーンにはそれらの樹木が植栽されています。

門田貝塚史跡公園
名称 門田貝塚史跡公園/かどたかいづかしせきこうえん
所在地 岡山県瀬戸内市邑久町尾張220
関連HP 瀬戸内市公式ホームページ
電車・バスで JR邑久駅から徒歩5分
ドライブで 美作岡山道路瀬戸ICから約1.5km
駐車場 なし
問い合わせ 瀬戸内市文化観光部文化観光課 TEL:0869-22-3953/FAX:0869-22-3965
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ