名蔵アンパル

名蔵アンパル

沖縄県石垣市、石垣島の南西部、名蔵湾(なぐらわん)奥の名蔵川河口周辺の砂州で囲まれた亜熱帯地域に典型的な干潟が名蔵アンパル。マングローブ林も生育し、157haが西表石垣国立公園第1種特別地域、国の鳥獣保護区特別保護地区、ラムサール条約登録湿地となっています。干潮時には大きな干潟が現れるので、事前に干満の時間の確認を。

世界に誇る亜熱帯マングローブ湿地

名蔵アンパル

アンパルとは、漢字の網張が当てられ、真栄里マニカを捕縛するための包囲網とも、網を張って漁をすることが語源ともいわれています。
名蔵アンパルと名蔵湾との境に架かる名蔵大橋から眺めるのがおすすめ。
名蔵大橋北詰に駐車場が用意されています。

名蔵アンパルでは、オヒルギ、ヒルギモドキ、ヤエヤマヒルギ、ヒルギダマシなどのマングローブ林が見事。
セイタカシギ、アカアシギ、クロツラヘラサギなどシギ・チドリ類や、八重山諸島を北限とする猛禽類のカンムリワシ、リュウキュウコノハズクなどが観察できます。

ちなみに、石垣島の古謡『あんぱるぬみだがーまゆんた』は、名蔵アンパルの「みだがーま」(目高蟹=ツノメガニ)を擬人化した「ゆんた」(労働歌)。

名称 名蔵アンパル/なぐらあんぱる
所在地 沖縄県石垣市名蔵
関連HP 石垣市観光交流協会公式ホームページ
ドライブで 石垣空港から約16km
駐車場 10台/無料
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ