海遊館

海遊館

大阪府大阪市港区、大阪のベイサイド、天保山ハーバービレッジの中心となる水族館が海遊館。太平洋を取り囲む環太平洋火山帯(リング・オブ・ファイア)と、多くの生物たちが生息する環太平洋生命帯(リング・オブ・ライフ)に基づき、自然環境を再現して、620種30000点を飼育展示する世界最大級の水族館です。

ダイナミックな太平洋を巡る旅へ、出発!

海遊館

海遊館のコンセプトは、「地球とそこに生きるすべての生き物は、互いに作用しあう、ひとつの生命体である」。
環太平洋火山帯の活動が海洋生態系に多大な影響を与え、多種多様の豊かな生命が生まれ、暮らしているというコンセプトです(日本列島の豊かな森が、周辺の海洋資源を支えています)。

海の生物が頭上を泳ぐ海底トンネルのようなアクアゲートをくぐって、太平洋の旅へと出発。
スタートは、もちろん、日本の森で、アリューシャン列島、モンタレー湾、パナマ湾、エクアドル熱帯雨林、南極大陸、タスマン海、グレート・バリア・リーフ、太平洋、瀬戸内海、アリューシャン列島、モンタレー湾、パナマ湾、チリの岩礁地帯、クック海峡、日本海溝、北極海、モルディブ諸島、フォークランド諸島(マルビナス)など環境に合わせて大水槽を設置。
ラッコ、アシカ、アザラシやイルカ、色鮮やかな熱帯魚、ウミガメなどがそれぞれの棲む環境に沿って飼育されています。
圧巻は館内中央に位置する水量5400tという太平洋巨大水槽で、海遊館いちばんの人気もの、体長12mにもなるという世界最大の魚類、ジンベエザメが悠然と泳ぐ姿を観察できます(毎日10:30と15:00が給餌の「お食事タイム」)。
日本の森のカワウソ、モンタレー湾のアシカ、エクアドル熱帯雨林のカピバラ、南極大陸のペンギン、北極圏のワモンアザラシ(近年愛らしいと注目度アップ)など、それぞれに「お食事タイム」が決まっているので、まずはそれをチェックしましょう。

毎日17:00からは、昼とは違う幻想的な顔を見せる「夜の海遊館」も行なわれています。
「パーソナルバックヤードツアー」も期間限定で実施されています。
海遊館オフィシャルショップ、海遊館オフィシャルミュージアムショップではジンベエザメぬいぐるみなどを販売。
レストラン・カフェは、「日本海溝」水槽の奥に「cafe R.O.F」、海遊館エントランスビルに「ドリンクスタンドSEA SAW」が営業。

キャプテンラインは、ユニバーサルシティポート(USJ)と海遊館西はとば(海遊館)を16分でつなぐ、便利なシャトル船です。

海遊館
名称 海遊館/かいゆうかん
所在地 大阪府大阪市港区海岸通1-1-10
関連HP 海遊館公式ホームページ
電車・バスで 地下鉄大阪港駅から徒歩10分
ドライブで 阪神高速湾岸線・大阪港線天保山ICから約1.5km
駐車場 天保山駐車場(1000台/有料)
問い合わせ 海遊館インフォメーション TEL:06-6576-5501
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
天保山大観覧車

天保山大観覧車

大阪港のウォーターフロントにある観光名所、天保山ハーバービレッジにある天保山大観覧車。天保山ハーバービレッジは、水族館の海遊館を中心に、サントリーミュージアムや天保山マーケットプレース、広場や公園、ホテルなどが揃い、天保山大観覧車はそのシン

大阪水上バス「サンタマリア」

大阪水上バス「サンタマリア」

天保山ハーバービレッジの海遊館横、海遊館西はとばから出航する帆船型観光船が大阪水上バス(京阪グループ)の運航する「サンタマリア」。「サンタマリア号」は、コロンブスがアメリカ大陸発見のときに使用した船の名前で、観光船はそれを2倍の大きさで復元

天保山渡船場(築港側桟橋)

天保山渡船場(築港側桟橋)

天保山公園と此花区桜島3丁目を結ぶ安治川にかかる岸壁間400mもの公営渡船が天保山渡船場。大阪港の繁栄を企図した大阪市が港湾振興策の一環として明治38年に開設。当初は天保山、桜島、築港大桟橋の間を三角運航しましたが昭和元年に現在のルートにな

天保山

天保山

大阪港に臨む、天保山公園にある小さなピークが天保山。江戸時代に河川の浚渫の残土で築かれた人工の山ですが、国土地理院発行の地形図にも「天保山」の山名が記されるため、標高4.53mで三角点のある場所として「日本で一番に低い山」。二等三角点を中心

キャプテンライン

キャプテンライン

キャプテンラインは、ユニバーサルシティポートと海遊館西はとばを片道10分で結ぶ大阪港の旅客航路。つまりはユニバーサル・スタジオ・ジャパンと天保山(海遊館、大観覧車、天保山マーケットプレース)を結ぶミニクルーズが楽しめるというわけなのです。就

天保山マーケットプレース

天保山マーケットプレース

大阪府大阪市港区、天保山ハーバービレッジにある約100の専門店が入居する大型商業施設が天保山マーケットプレース。ファッションや雑貨店はもちろん、大阪土産の店も入店。2階は昭和40年前後の大阪の下町の活気を再現した「なにわ食いしんぼ横丁」。隣

天保山ハーバービレッジ

天保山ハーバービレッジ

大阪府大阪市港区、大阪港のウォーターフロント計画の一環として平成2年に誕生した複合型施設が天保山ハーバービレッジ。世界最大級の水族館である海遊館、天保山マーケットプレース(2階に「なにわ食いしんぼ横丁」)、天保山大観覧車、ホテルシーガルがあ

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ