べっぷ駅市場

べっぷ駅市場商店街

大分県別府市中央町、JR日豊本線・別府駅南側の高架下にある商店街が、べっぷ駅市場。鮮魚店や惣菜屋、ペット美容室など、30店舗ほどが軒を連ね、文字通り別府市民の台所的存在。関アジの寿司や豊後水道で水揚げされた鮮魚や肉、野菜や果物、惣菜など、なんでも揃い、観光目的での利用にも最適です。

昭和41年に開業の「日本一の高架下商店街」が前身

別府駅側から南側(大分駅側)に向かって高架下に続くべっぷ駅市場。
第一田の湯通りの入口から、第二田の湯通り、さらに流川通りを経て、さらに南へと続いています。
野菜・果物、精肉、魚介、惣菜、菓子・茶の店などが軒を並べて、まさにかつて各地にあった昭和レトロな「公設市場」を思わせる雰囲気になっています。

巻きずしが名物の「野田商店」、焼きサバ棒寿司の「すしそうざい菜の花」、手づくり惣菜の「山上商店」、種類豊富の弁当が並ぶ「天野おかず店」など地元密着の惣菜店も人気です。

亀の井ホテル並び、第二田の湯通り沿いには、天然酵母パンで人気の「オニパンカフェ別府店」(本店は由布市湯布院町塚原に)も営業。
干物などがお目当てなら、佐伯の干し物を扱う「ワコー」、地物干し魚も並ぶ「井上海産物店」など魚屋にも注目です。

飲食店はないので、食事が目的の人は不向きですが、惣菜を買って近隣の公園などで味わう人も多数。
また駅周辺のシティホテルや、素泊まり対応の宿の宿泊者には、朝食、夕食などの購入に便利な立地です。

毎週金曜の「金の市」も開催。
駐車場は、べっぷ駅市場利用の場合、40分無料という対応も。

「べっぷ駅市場」とは駅を挟んで反対側には近年ちょっと変わったアートな商店街として再注目される「別府北高架商店街」も連なっています。
いずれも前身は、昭和41年10月1日に開業、完成当時に「日本一の高架下商店街」といわれた別府ステーションセンター(南名店街、北名店街、南高架商店街、北高架商店街で構成)。

平成8年10月、南高架商店街が「べっぷ駅市場」に改称(北高架商店街の名称はそのままに継続)、南北の名店街も別府駅コンコースの両側にあるB-PassageとBIS南館の2施設に姿を変えています。

べっぷ駅市場
名称 べっぷ駅市場/べっぷえきいちば
所在地 大分県別府市中央町6-22
関連HP べっぷ駅市場公式ホームページ
電車・バスで JR別府駅から徒歩すぐ
ドライブで 東九州自動車道別府ICから約6km
駐車場 べっぷ駅市場専用駐車場(40分まで無料/以降有料)を利用
問い合わせ べっぷ駅市場 TEL:0977-22-1686
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
野田商店

別府市民のソウルフード「巻きずし」は、売り切れ必至|野田商店

大分県別府市、別府駅高架下べっぷ駅市場の中にある、午前中から行列ができる「野田商店」は、1960年代創業の持ち帰り惣菜の専門店です。名物「巻きずし(太巻き)」は、「甘さ控えめ」なんていう昨今の風潮に迎合なんかしない、別府市民のソウルフード!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

Avatar photo

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

おすすめ

よく読まれている記事

こちらもどうぞ