田染荘

田染荘

国東半島(くにさきはんとう)の南西部、大分県豊後高田市の田染盆地(たしぶぼんち)にあるのが、中世の荘園、田染荘(たしぶのしょう)。時代とともに景観を変えることが多い現代にあって、地名、地割、水路が、中世と変わぬ状態で今もほぼ保たれており、「田染荘小崎の農村景観」として、国の重要文化的景観にも選定されています。

もともとは宇佐神宮の荘園

田染荘

国東半島を形成する両子火山群。
標高は最高峰での両子山(ふたごさん)で標高720.6mですが、中央部の溶岩台地・溶岩ドームとその周りにある侵食された火砕流堆積物の台地で、丘陵地と谷が山麓、海岸に向かって放射状に伸びるという複雑な地形を生み出しています。

古代にはこの谷筋に沿って六郷と呼ばれる集落が開かれ、仁聞菩薩(にんもんぼさつ)は、宇佐八幡神の化身(生まれ変わり)として六郷満山(ろくごうまんざん)と呼ばれる神仏習合の山岳宗教文化が花開きました。

小崎川左岸の台地に広がるこの田染荘小崎地区は、11世紀前半頃に開墾された水田で、中世には宇佐神宮のもっとも重要な荘園「本御荘十八箇所」の根本荘園として栄えていました。
鎌倉時代に元寇を宇佐神宮の祈祷により撃退したとされることもあり、以降は、宇佐神宮の神官の子孫が田染氏を名乗り、田染荘を領有していました。

中世のままに農村風景が現存!

田染荘

なかでも田染小崎地区は荘官・田染氏の屋敷跡などがあり、田染荘の中心であったことが知られています。
僧侶達の修行場だったという夕日岩屋からは、圃場改良されない美しい曲線の水田や、鎌倉時代の屋敷跡が多数特定できる台薗集落の様子が一望できます。
江戸時代、元禄年間に描かれた村絵図と比べてもほとんど変化がないことが判明しています。

水田では、岩盤や大岩を利用したイゼ(井堰)など、荘園時代に遡る水利慣行が現代に残されています。
また富貴寺大堂、熊野磨崖仏などの仏教文化も根付いています。
「田染荘小崎の農村景観」(たしぶのしょうおさきののうそんけいかん)として国の重要文化的景観に選定されています。
さらに、「クヌギ林とため池がつなぐ国東半島・宇佐の農林水産循環」として国際連合食糧農業機関(FAO)の世界農業遺産(Globally Important Agricultural Heritage Systems:Giahs)にも認定されています。

現在その一帯を「荘園の里」と称し、景観保持のため毎年、荘園領主(水田オーナー)を募集しています。
『御田植祭』(6月第2日曜)や案山子コンクール、『収穫祭』(10月第2日曜)などのイベントや農作物の宅配も行ななわれている。
また農家に泊まって農作業や田舎暮らしを満喫できる、グリーンツーリズム「農家民泊」も実施。

名称 田染荘/たぶのしょう
所在地 大分県豊後高田市田染小崎
関連HP 田染荘公式ホームページ
電車・バスで JR宇佐駅からタクシーで25分
ドライブで 宇佐別府道路宇佐ICから約28.2km
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
田染荘御田植祭

田染荘御田植祭|豊後高田市

毎年6月第2日曜11:00〜15:30、大分県豊後高田市の田染小崎「荘園の里」で『田染荘御田植祭』(たしぶのしょうおたうえさい)が行なわれます。荘園の里推進委員会が主催する交流イベント。宇佐神宮による神事の後、荘園の里の発展と五穀豊穣を祈願

富貴寺

富貴寺

国東半島(くにさきはんとう)に点在する六郷満山(ろくごうまんざん)のひとつで、養老2年(718年)、仁聞(にんもん)開基と伝わる天台宗の古刹が豊後高田市の富貴寺(ふきじ)。大堂(本堂)は、宇治平等院鳳凰堂(京都府)、平泉中尊寺金色堂(岩手県

熊野磨崖仏

熊野磨崖仏

大分県豊後高田市、中世の荘園風景が残る田染平野にある今熊野山胎蔵寺(いまくまのさんたいぞうじ/六郷満山65ヶ寺のひとつ)から 旧鎮守・熊野神社(熊野権現)へ至る300mの山道と鬼が一夜で築いたという伝説の石段を上った左手の岩盤に彫られたのが

田染荘収穫祭・荘園マルシェ

田染荘収穫祭・荘園マルシェ|豊後高田市

毎年10月第2日曜、大分県豊後高田市で『第20回田染荘収穫祭・荘園マルシェ』が行なわれます。田染荘(たしぶのしょう)は、天平15年(743年)の墾田永年私財法の成立で水田が生まれ、後に宇佐八幡宮の荘園となった地。今も中世の田園風景が残され、

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ