岩木山『お山参詣』|弘前市|2019

岩木山『お山参詣』

2019年8月28日(水)~8月30日(金)、青森県弘前市の岩木山で『お山参詣』が行なわれます。「サイギ、サイギ」の掛け声を響かせ、毎年旧暦8月1日、岩木山に集団登拝して御来光を拝むのが『お山参詣』。五穀豊穣、家内安全を祈願する津軽最大の秋まつりで、御神体である岩木山と一体となり自己の浄化を目指します。

神仏習合時代の岩木山登拝を今に伝える

現在のように『お山参詣』が形式化したのは江戸時代中期のこと。
神仏習合時代(明治初年の神仏分離以前)、岩木三所大権現の別当・百沢寺(百澤寺/ひゃくたくじ=岩木山神社の前身)は津軽領惣鎮守として繁栄し、『お山参詣』は、その配下の10坊と2つの社家が中心となり、御蔵庄屋から村中へ諸々のきまりが惣触(そうぶれ)されて行なわれたのです。

国の重要無形民俗文化財に指定される『お山参詣』は、向山、宵山、朔日山(ついたちやま=旧暦8月1日)と3日間にわたって行なわれます。
向山=岩木山神社に参拝。
宵山=御幣や色あざやかな幟(のぼり)を掲げ練り歩きます。
朔日山=参拝者は岩木山の山頂を目指して未明に出発。

「サイギ、サイギ」は、懺悔懺悔で、過去の罪過を神仏の前で悔い改めること。
ご来光遥拝に伴い岩木スカイラインは、朔日山当日は終日営業となります。

ちなみに、現在は岩木山神社が信仰の中心ですが、明治の廃仏毀釈、神仏分離までは神仏習合の百沢寺(ひゃくたくじ)でした。
現在の拝殿は慶長8年(1603年)、初代津軽藩主・津軽為信が、百沢寺の大堂として建立したもの。

お山参詣の唱文

  1. 懺悔懺悔(さいぎさいぎ)=過去の罪過を悔い改め神仏に告げるもの
  2. 六根懺悔(どっこいさいぎ)=人間の感ずる六つの根元。目・耳・鼻・舌・身・意の六根の迷いを捨てて汚れのない身となること。六根罪障(ろっこんざいしょう)とも。木曽御岳の御嶽講(おんたけこう)は、六根清浄 (ろっこんしょうじょう)と唱えます
  3. 御山八代(おやまさはつだい)=観音菩薩・弥勒菩薩・文殊菩薩・地蔵観音・普賢菩薩・不動明王・虚空蔵菩薩・金剛夜叉明王
  4. 金剛道者(こうごうどうさ)=金剛石のように揺るぎない信仰を持つこと
  5. 一々礼拝(いーつになのはい)=八大柱の神仏を一柱ごとに礼拝
  6. 南無帰命頂礼(なむきみょうちょうらい)=仏に帰依し神仏の戒めに従うこと
岩木山『お山参詣』|弘前市|2019
開催日時 2019年8月28日(水)~8月30日(金)
所在地 青森県弘前市百沢東岩木山
場所 岩木山神社・岩木山
関連HP 岩木山観光協会公式ホームページ
電車・バスで JR弘前駅からバスで40分、岩木山神社前下車
ドライブで 東北自動車道大鰐弘前ICから約25kmで岩木山神社駐車場
駐車場 岩木山神社駐車場(70台/無料)・岩木山八合目駐車場(200台/無料)
問い合わせ 岩木山観光協会 TEL:0172-83-3000/FAX:0172-83-3001
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
岩木山神社

岩木山神社

津軽富士と呼ばれる秀麗な岩木山の麓、弘前市百沢に鎮座するのが岩木山神社。地元では「お岩木さま」、「お山」と親しんで呼ばれる陸奥津軽の開拓の神で、農海産物の守護神。社伝では、宝亀11年(780年)、社殿を岩木山頂に創建したのが始まりという古社

岩木山

岩木山

青森県弘前市と鰺ヶ沢町(あじがさわまち)の境界に位置し、津軽富士と呼ばれる美しい成層火山が岩木山。深田久弥の『日本百名山』の一座。古来から山岳信仰の山で、標高1624.6mの山頂には岩木山神社奥宮が鎮座しています。8合目からリフトを使えば、

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ