物見山

物見山

埼玉県日高市と毛呂山町との境にある山が、物見山。奥武蔵ハイキングコース途中の山で、山頂には375.3mの一等三角点が置かれていますが、現在のところ展望はあまり開けません。南の西武池袋線高麗駅から日和田山を経由するコースが一般的で、北側の宿谷の滝から登るルートも用意されています。

中世に物見に使ったのが山名の由来

物見山の名は、鎌倉時代〜室町時代に、土地の豪族で児玉党の宿谷氏(現在の毛呂山町宿谷に居館がありました)が物見の兵を配置したからとも、宿谷七騎のひとり、大河戸三郎が兵を配して自領の守りを固め、物見を行なったことに由来ともいわれていますが、いずれにしろ、中世には物見の山だったことがわかります。

西武池袋線・高麗駅から日和田山経由の奥武蔵自然歩道で到達するのが一般的で、往復するなら、帰路に巾着田などを組み込むのも手です。
物見山から宿谷の滝への下りは、かなり急な場所もあるので、五常の滝側の方が楽です。

物見山

物見山ハイキング コースタイム

西武池袋線・高麗駅〜(徒歩20分)〜日和田山登山口・駐車場〜(徒歩30分)〜日和田山〜(徒歩50分)〜物見山

宿谷の滝駐車場〜(徒歩25分)〜宿谷の滝〜(徒歩1時間20分)〜物見山

物見山〜(徒歩45分)〜五常の滝〜(徒歩25分)〜西武池袋線・武蔵横手駅

物見山
名称 物見山/ものみやま
所在地 埼玉県日高市高麗本郷・入間郡毛呂山町宿谷
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

日和田山

高麗(こま)の巾着田(きんちゃくだ)を見渡す展望台ともなるのが標高305.1mの日和田山。奥武蔵自然公園の中心に位置し、手頃なハイキングの地として人気があります。巾着田から1時間ほどで到達でき、山頂には金刀比羅神社(ことひらじんじゃ)が祀ら

宿谷の滝

宿谷の滝

埼玉県入間郡毛呂山町宿谷にある落差12mの滝が、宿谷の滝(しゅくやのたき)。一帯は県立黒山自然公園にも指定され、北側の鎌北湖を結ぶハイキングコースも整備されています。祐円が開山した妙覚院の修験道場で、かつては不動明王を祀った不動堂も建ってい

五常の滝

五常の滝

埼玉県日高市横手を走る奥武蔵グリーンライン沿いにある落差12mの滝。さほど落差はありませんが水量が豊富で、滝の横には瀧不動尊が祀られ、神仏習合時代には修験の地だったことがわかります。五常とは、人が守っるべき、仁・義・礼・智・信の5つの儒教道

奥武蔵自然歩道

奥武蔵自然歩道

埼玉県飯能市・日高市・入間郡毛呂山町、天覧山と鎌北湖を結び、奥武蔵のなだらかな丘陵地帯を歩く、全長11kmのハイキングコースが、奥武蔵自然歩道。四季を通してファミリーでも楽しく歩くことができます。全コースを歩くと所要6時間で、西武池袋線の飯

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

おすすめ

よく読まれている記事

こちらもどうぞ