カーナビ大忙し! 目まぐるしく県が変わる栃木県道・群馬県道・埼玉県道・茨城県道9号を走ろう!

栃木県道・群馬県道・埼玉県道・茨城県道9号

カーナビに県境案内を設定し、県境をまたぐと県名を伝える仕様にしたなら、慌ただしく県境名を伝えるのが、栃木県道・群馬県道・埼玉県道・茨城県道9号。渡良瀬遊水地の西側を走る県道を北上すると、わずか1.5kmほど距離で、埼玉、栃木、群馬、埼玉、群馬と目まぐるしく県が変わるのです。

4つの県を通過する唯一の都府県道で途中には道の駅も

栃木県道・群馬県道・埼玉県道・茨城県道9号

県境を走り、目まぐるしく県が変わる道としては高野龍神スカイライン(和歌山県)が、25kmの山岳区間中、26ヶ所もの県境またぎがあることが知られ、国内でもダントツですが、こちらは山岳ドライブウェイで、しかも奈良県と和歌山県の2県またぎ。

平野部で、しかも短い区間で3県、少し長くすると4県もまたぐというのは、全国的にもここだけという珍しい県道です。
さらにいえば、全国に数ある都道府県道のなかでも、4つの県を通過する唯一の都府県道なので、栃木県道・群馬県道・埼玉県道・茨城県道9号佐野古河線という長ったらしい名前になるのです。
茨城県古河市の中心部と、ラーメンで有名な栃木県佐野市を結ぶ動脈なので、主要地方道(幹線道路として維持管理に要する費用の50%までを国が補助)にもなっています。

県道9号途中、「道の駅かぞわたらせ」の南南東400mほどの場所には、全国唯一の平野部での3県県境となる、平地の三県境(栃木・群馬・埼玉三県境)があります。

実際に走ってみるとよく分かるのですが、目まぐるしく県が変わる部分の道は、直線道路。
どうして県道が何度も県をまたぐのかといえば、足尾銅山の鉱毒を沈めるため、明治39年に谷中村を強制的に廃村にして渡良瀬遊水地を築く以前に、県境は渡良瀬川、谷田川の流路にあったから。
渡良瀬遊水地の誕生で、流路が変わり、かつての川の流れた跡が県境になっているのです。

渡良瀬遊水地を目的地にして、「道の駅かぞわたらせ」、平地の三県境(栃木・群馬・埼玉三県境)、そして栃木県道・群馬県道・埼玉県道・茨城県道9号をドライブするのがおすすめです。

カーナビ大忙し! 目まぐるしく県が変わる栃木県道・群馬県道・埼玉県道・茨城県道9号を走ろう!
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
谷中湖(渡良瀬遊水地)

谷中湖(渡良瀬遊水地)

渡良瀬川の洪水調整、水道用水の安定供給を目的に渡良瀬遊水地の第1調節池内に建設された貯水池が谷中湖。廃村になった谷中村の大部分が沈んでいます。ウインドサーフィン、カヌーの湖上スポーツが楽しめる北ブロック、えさ釣りの楽しめる谷中ブロック、ルア

平地の三県境(栃木・群馬・埼玉三県境)

平地の三県境(栃木・群馬・埼玉三県境)

3つの県の県境となると、山頂、尾根上、河川というのが一般的で、平野部に三県境があるのは、栃木・群馬・埼玉三県境のみ。そのため関係する栃木県栃木市、群馬県板倉町、埼玉県加須市では、「平地の三県境」、さらには「さんぽで三県!三県境」とPR。地元

高野龍神スカイライン

高野龍神スカイライン

高野山奥の院(和歌山県伊都郡高野町)と田辺市龍神温泉を結ぶ延長42.7kmのスカイラインが高野龍神スカイライン。平成15年秋から無料化され、現在は国道371号。1000m級の尾根を走る山岳道路だけあり、杉や檜からブナの原生林へといたる車窓か

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

アバター画像

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

よく読まれている記事

こちらもどうぞ