京阪電気鉄道・京津線

京阪電気鉄道・京津線

御陵駅(京都府京都市山科区)と、びわ湖浜大津駅(滋賀県大津市)を結ぶ7.5kmの線路が京阪電気鉄道・京津線。びわ湖浜大津駅で接続する石山坂本線と合わせて大津線と総称されています。上栄町駅〜びわ湖浜大津駅間の大部分が併用軌道(路面電車)になっています。

路面電車と登山電車、そして最後は地下鉄!

京都市と大津市の都市間連絡を担う軌道で(全区間が軌道法の適用を受けています)、御陵駅から先は京都市営地下鉄東西線と直通運転で、太秦天神川駅まで乗り入れています。
つまり、運用上は路面電車と地下鉄という2つの雰囲気を楽しむことができるという異色の路線ということに。

大谷駅〜上栄町駅間は、逢坂峠越えの難所で、最大61‰(パーミル)という最大勾配があり、「日本有数の登山電車」にもなっています。
日本国内の勾配は、大井川鉄道井川線の90‰、箱根登山鉄道の80‰に次いで日本第3位。
大井川鉄道井川線はアプト式なので、通常の粘着式では箱根登山鉄道の80‰に次ぐ、日本第2位の勾配ということになります。
日本では、一般的な電車が登ることのできる勾配は35‰と定められているので、これを越える傾斜を登る車両は特殊な設備を備えています。

さらに、びわ湖浜大津駅〜大谷駅まではカーブの連続で、スプリンクラーで線路に水を掛け、電車の出すフランジ音(車輪とレールの擦れる音)を軽減しています。

軌間は石山坂本線と同じで、1435mmの標準軌(新幹線とも同じ)。
使用される800系電車の警笛は、寺の半鐘の音をイメージしたもの。

官設鉄道東海道本線(現在のJR東海道本線)をまたぐ蝉丸跨線橋(JR側は上関寺隧道)は、大正10年の完成したレトロなレンガ造りの跨線橋です。

京阪電気鉄道・京津線
びわ湖浜大津駅を発車する京阪・京津線電車。左側の線路が石山坂本線
京阪電気鉄道・京津線
名称 京阪電気鉄道・京津線/けいはんでんきてつどう・けいしんせん
所在地 滋賀県大津市・京都府京都市山科区
関連HP 京阪電気鉄道公式ホームページ
問い合わせ 京阪電車お客様センター TEL:06-6945-4560
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
京阪電気鉄道・石山坂本線

京阪電気鉄道・石山坂本線

滋賀県大津市、石山寺駅〜坂本比叡山口駅の14.1kmを結ぶのが京阪電気鉄道・石山坂本線。軌道法の適用を受け、びわ湖浜大津駅〜三井寺駅間の400mは、道路を走る併用軌道、つまりは路面電車です。軌間は新幹線と同じ1435mmの標準軌で、京津線(

日本の登山鉄道 「全国登山鉄道‰会」 6社乗り比べ

島国ながら急峻な山の多い日本には、「登山鉄道」と名乗ることができるような勾配を登る鉄道が数多く、箱根登山鉄道、富士急行、大井川鐵道、叡山電鉄、南海電気鉄道、神戸電鉄の6社で、「全国登山鉄道‰会」を結成しています。‰(パーミル)とは1000m

びわ湖浜大津駅

びわ湖浜大津駅

滋賀県大津市にある京阪電気鉄道の駅がびわ湖浜大津駅。石山坂本線(石山寺駅〜坂本比叡山口駅)の途中駅、京津線(びわ湖浜大津駅〜御陵駅)の終着駅で、もともとは、鉄道黎明期の明治13年7月15日、官設鉄道の大津駅として開業した歴史ある駅です。近畿

京阪電気鉄道・京津線

京阪電気鉄道・京津線

御陵駅(京都府京都市山科区)と、びわ湖浜大津駅(滋賀県大津市)を結ぶ7.5kmの線路が京阪電気鉄道・京津線。びわ湖浜大津駅で接続する石山坂本線と合わせて大津線と総称されています。上栄町駅〜びわ湖浜大津駅間の大部分が併用軌道(路面電車)になっ

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ