信楽窯元散策路

信楽窯元散策路

滋賀県甲賀市信楽町、日本六古窯(瀬戸、越前、常滑、信楽、丹波、備前)に数えられる信楽焼の窯元、現役の登り窯、登り窯跡を巡る散策コースが信楽窯元散策路。ろくろ坂散策コース、ひいろ坂散策コース、窯場坂散策コース、外輪の路散策コースの4コースが用意されています。

ギャラリー併設の窯元も多数

信楽焼というと「他を抜く」という語呂合わせで商売に縁起がいいとされるタヌキの置物で有名ですが、陶芸作品的には、陶芸作品的には土中の鉄分が赤く発色する火色(緋色)と、自然降灰釉(ビードロ釉)の付着が特徴の「わび、さび」を感じさせる陶器。
窯元にはギャラリーが併設されるところが多いので、窯元めぐりを楽しむことができます。

また、信楽焼の全盛期は、火鉢の生産。
明治時代に開発された深淵な碧色(みどりいろ)と白色失透色が粒状に溶け合った斑点模様の「海鼠釉」(なまこゆう)を用いた火鉢を、暖房器具として焼成し、「一家団欒信楽火鉢」をキャッチフレーズに全国に流通させ、昭和に全盛を迎えているのです。
そんな火鉢を焼成した登り窯の跡である丸又窯跡、丸由窯跡は、経済産業省の近代化産業資産にも認定されています(「輸出製品開発や国内需要拡大による中部、近畿、山陰の窯業近代化の歩みを物語る近代化産業遺産群」)。
丸又窯跡、丸由窯跡はともに窯場坂散策コース途中で、丸又窯跡は山兼製陶所への脇道の途中、も、丸由窯跡は、卯山製陶・窯場坂休憩所近くにあります。

信楽窯元散策路は、日本遺産「きっと恋する六古窯-日本生まれ日本育ちのやきもの産地-」の構成資産にもなっています。

信楽窯元散策路
名称 信楽窯元散策路/しがらきかまもとさんさくろ
関連HP 信楽窯元散策路公式ホームページ
ドライブで 新名神高速道路信楽ICから約7km
駐車場 信楽地域市民センター観光駐車場(20台)・東別館駐車場(20台)
問い合わせ 信楽町観光協会 TEL:0748-82-2345/ FAX:0748-82-2551
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
信楽焼窯跡群・丸又窯跡

信楽焼窯跡群・丸又窯跡

滋賀県甲賀市信楽町にある信楽焼の窯跡で、滋賀県の史跡、経済産業省の近代化産業遺産に認定されるのが丸又窯(まるまたかま)。連房式で11室ある登り窯で、昭和8年〜昭和38年の間に、火鉢などを焼成していたもの。信楽窯元散策路を使って丸由窯跡、明山

甲賀市信楽伝統産業会館

甲賀市信楽伝統産業会館

滋賀県甲賀市信楽町長野にある日本六古窯のひとつに数えられる信楽焼の展示施設が甲賀市信楽伝統産業会館。鎌倉時代(鎌倉時代後期、常滑焼の技術が伝わり焼物作りが創始)以降の信楽焼から、近世に至る作品を紹介する展示館で、昭和時代の生活用品や信楽焼の

信楽駅

信楽駅

滋賀県甲賀市信楽町にある信楽高原鐵道信楽線(貴生川駅〜信楽駅)の終着駅が信楽駅(しがらきえき)。昭和8年5月8日、国鉄信楽線の開通とともに開業した駅で、昭和62年7月13日に信楽高原鐵道に移管。信楽線唯一の有人駅で、近畿の駅百選に選定。信楽

信楽陶芸村

信楽陶芸村

滋賀県甲賀市信楽町、明治21年に造られた奥田忠左衛門窯の本窯(本店)と平成3年に誕生した新窯(国道店)を公開したのが信楽陶芸村(しがらきとうげいむら)。本店では、全国的に知られる狸の置物や全長21mの巨大な登り窯の見学ができるほか陶芸教室も

日本六古窯とは!?

日本六古窯とは!?

施釉陶器(せゆうとうき)の瀬戸焼(愛知県瀬戸市)と釉薬をかけず高温で焼成した焼締陶器(やきしめとうき)の常滑焼(とこなめやき/愛知県常滑市)、越前焼(福井県越前町)、信楽焼(しがらきやき/滋賀県甲賀市)、丹波焼(たんばやき/兵庫県丹波篠山市

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ