大荒比古神社『七川祭』|高島市

大荒比古神社『七川祭』

毎年5月4日、滋賀県高島市の大荒比古神社で例祭『七川祭』(しちかわまつり)が齋行されます。滋賀県の無形文化財に指定される「奴振り」(奴姿の若者が的を片手でもって練り歩く「的練り」、酒樽を肩に担いで踊る「樽振り」)、そして馬場を勢いよく駆け上がり3旗の的を射抜く「流鏑馬」(やぶさめ)などが行なわれます。

近江の国主、佐々木一族の歴史を今に伝える祭礼

大荒比古神社『七川祭』

『七川祭』は、湖西随一の馬祭りでその歴史は古く、鎌倉時代に近江守護の佐々木高信(ささきたかのぶ)が佐々木氏の祖神を勧請して大荒比古神社に合祀。
出陣の際には戦勝祈願をし、凱旋(がいせん)したときには御礼として12頭の流鏑馬(やぶさめ)と12基の的を神前に奉納したのが始まり。

旧8ヶ村(新旭町の井ノ口、安養寺、川原市、北畑、新庄、平井、堀川、安曇川町の十八川)の氏子が毎年順番に渡し番を務め、奴振りは、大名行列の模倣で奴の振りを演じるもの。

ちなみに大荒比古神社(おおあらひこじんじゃ)は、南北朝時代から室町時代にかけて、近江の国主、佐々木一族(佐々木源氏)の絶大な崇敬を受けた社です。
 

大荒比古神社『七川祭』|高島市 DATA

大荒比古神社『七川祭』|高島市
開催日時 毎年5月4日
関連HP 高島市公式ホームページ
所在地 滋賀県高島市新旭町安井川844
場所 大荒比古神社
電車・バスで JR新旭駅から西循環線バスで井ノ口下車、徒歩10分
ドライブで 名神高速道路京都東ICから約50km。米原ICから約60km
駐車場 臨時駐車場を開設予定
問い合わせ 大荒比古神社 TEL:0740-25-5000
掲載の内容は取材時のものです、最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ