富士山本宮浅間大社 楼門

富士山本宮浅間大社 楼門

世界遺産「富士山‐信仰の対象と芸術の源泉」の構成資産の富士山本宮浅間大社。徳川家康造営の社殿が残されていますが楼門もそのひとつ。2階建て入母屋造り(いりもやづくり)で、正面と両脇に扉が付いています。さらに楼門の左右には慶長19年(1614年)造立の随身が安置されています。

楼門前には『山宮御神幸』の鉾を立てた鉾立石も

富士山本宮浅間大社 楼門

慶長9年(1604年)の建立後、安永4年(1707年)の大地震で駿府城は3分の1が倒壊、安政元年(1854年)の大地震ではほぼ壊滅という状態でしたが、富士山本宮浅間大社では楼門、拝殿、本殿などが倒壊を免れています。

「冨士山本宮」の扁額は、文政2年(1819年)、聖護院門跡(しょうごいんもんぜき)の入道盈仁親王(えいにんにゅうどうしんのう)の筆によるもの。

楼門前には鉾立石がありますが、かつて山宮浅間神社(浅間大社の元宮)と浅間大社の間で『山宮御神幸』として御鉾の渡御も行なわれた際に、鉾を立てた石です(山宮浅間神社にも残っています)。

富士山本宮浅間大社 楼門
 

富士山本宮浅間大社 楼門 DATA

名称 富士山本宮浅間大社 楼門/ふじさんほんぐうせんげんたいしゃ・ろうもん
所在地 静岡県富士宮市宮町1-1
関連HP 富士山本宮浅間大社公式ホームページ
電車・バスで JR富士宮駅から徒歩15分
ドライブで 新東名高速道路新富士ICから約8km
駐車場 150台/30分まで無料、以降有料
問い合わせ TEL:0544-27-2002/FAX:0544-26-3762
掲載の内容は取材時のものです、最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

取材協力/富士宮市観光協会、富士山本宮浅間大社

富士山本宮浅間大社

富士山本宮浅間大社

2018年8月24日
湧玉池

湧玉池

2018年8月23日
富士山本宮浅間大社 拝殿・幣殿

富士山本宮浅間大社 拝殿・幣殿

2018年8月23日
富士山本宮浅間大社 本殿

富士山本宮浅間大社 本殿

2018年8月23日
富士山頂上浅間大社奥宮

久須志神社

2018年8月23日
富士山頂上浅間大社奥宮

富士山頂上浅間大社奥宮

2018年8月23日

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ