檜原都民の森

檜原都民の森

東京都東京都西多摩郡檜原村(ひのはらむら)、奥多摩三山の最高峰・三頭山(1531m)の東麓、標高1000~1500m、貴重なブナの森など、豊かな樹林帯を保護するために整備が行なわれた都立公園が檜原都民の森。「森林館」から森林セラピーロードとして整備された「大滝の路」を歩けば三頭大滝に到達します。

ブナの森、三頭大滝など、豊かな自然を満喫

約200haに及ぶ広大なエリアには「出会いの森」、「生活の森」、「冒険の森」、「野鳥の森」、「ブナの森」の5つのゾーンがあり、それぞれ遊歩道が整っているので、植物観察や野鳥観察などを楽しみながら散策可能。
森林館を起点に森林セラピーロードの「大滝の路」(三頭大滝コース)を歩けば1km、片道20分で落差35mの三頭大滝。
さらにブナの路コースをつかってムシカリ峠から三頭山山頂に到達することができます。
冒険の森コース(旧スポーツ歩道)、生活の森外周コース、三頭沢と野鳥のコース、三頭山周遊コースなど手頃なものから健脚向きまで様々なハイキングコースが用意されています。
鞘口峠(さいぐちとうげ/1142m)から砥山(1302m)への里山の路には、ブナの大木も茂り、森林浴も可能。
台風の被害などで通行止めになっているコースがある可能性もあるので、事前に「森林館」で確認が必要。

入口近くの「森林館」は、ビジターセンター的役割で、自然に関する資料の展示室、レストラン「とちの実」、特産物を販売する売店があるほか、木工教室も開催される木材工芸センターも併設。
レストランでは、名物の舞茸を使った天ぷらそばやうどん、天丼、とろろそば、さらには檜原村ならではの旬の味を凝縮した「おいねめし」(要予約)を味わうことができます。

都民が自然に親しむことを目的に設置された都民の森は檜原都民の森のほか、奥多摩都民の森がありますが、ともに秩父多摩甲斐国立公園内に位置しています。

檜原都民の森
三頭山山頂からの雲海と富士山
檜原都民の森
名称 檜原都民の森/ひのはらとみんのもり
所在地 東京都西多摩郡檜原村7146
関連HP 檜原都民の森公式ホームページ
電車・バスで JR武蔵五日市駅から西東京バス数馬行きで1時間5分、終点下車、数馬から無料連絡バス(3月~11月の土・日曜、祝日とGW、7月20日~8月31日、10月~11月運行)で15分
ドライブで 中央自動車道上野原ICから約28km。または、圏央道あきる野ICから約36km
駐車場 檜原都民の森駐車場(100台/無料)
問い合わせ 東京都檜原都民の森管理事務所 TEL:042-598-6006/FAX:042-598-6703
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
森林セラピーロード「大滝の路」

森林セラピーロード「大滝の路」

東京都檜原村、檜原都民の森にある森林館と三頭大滝を結ぶ遊歩道が森林セラピーロード「大滝の路」。東京都の森林セラピー研究会認定の散策路が森林セラピーロード第1号となる道で、森林館を起点に三頭大滝まで全長1km、片道20分の道のり。檜原都民の森

三頭大滝

三頭大滝

東京都西多摩郡檜原村(ひのはらむら)にある落差35mの東京都屈指の滝が三頭大滝(みとうおおたき)。檜原都民の森駐車場から徒歩10分の森林館からウッドチップを敷き詰めた森林セラピーロード「大滝の路」を20分ほど歩けば、滝の目の前に架かる吊り橋

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ