国立新美術館

新国立美術館

東京都港区六本木7丁目、平成19年1月21日に、国内で5番目の国立美術館として開館したのが、国立新美術館。国立美術館としては唯一、コレクションを持たず、国内最大級の展示スペースを活かした多彩な展覧会を開催しています。

国内最大級の展示スペースを活かして企画展、公募展を開催

新国立美術館

延床面積約4万9830平方メートルは、日本最大。
コレクションを持たないので、英語表記は、ミュージアムではなく、THE NATIONAL ART CENTER-TOKYOとアートセンターを名乗っています。
展覧会は企画展と公募展があり、展示室が複数あることから、必ず企画展、公募展を観覧できる仕組み。

建物は、黒川紀章設計で、黒川紀章の手掛けた最後の建物です。
黒川紀章は、日展のような大きな美術団体がある国は珍しく、公募展に対応するというのが難しかったと語っています(そのため、公募展が行なわれる東京都美術館を綿密に調査、搬入トラックの駐車スペース、審査員の快適性なども考慮して築かれています)。

館内には、地下1階・1階にミュージアムショップ「スーベニアフロムトーキョー」、地下1階に
「カフェテリア カレ」、1階に「カフェ コキーユ」、2階にカフェ「サロン・ド・テ ロンド」、3階にレストラン「ブラッスリー ポール・ボキューズ ミュゼ」が営業、レストランやカフェも充実しています。

国立新美術館、サントリー美術館、森美術館で「六本木アート・トライアングル」を形成、各館で開催している展覧会チケットの半券提示で、他の2つの美術館の観覧料が割引になる「あとろ割」、アート情報を載せた「あとろマップ」の配布などが行なわれています。

あまり知られていませんが、国立新美術館には別館があり、別館は二・二六事件ゆかりの旧歩兵第三連隊兵舎(昭和3年築)の一部分。
兵舎は、近衛歩兵第五連隊、近衛歩兵第七連隊が使用し、戦後は在日米軍に接収され、その後、東京大学生産技術研究所として利用されていました。
これは、東京ミッドタウンが防衛庁本庁檜町庁舎跡地(戦前は陸軍の駐屯地)だった歴史を物語っています。

国立新美術館
名称 国立新美術館/しんこくりつびじゅつかん
所在地 東京都港区六本木7-22-2
関連HP 国立新美術館公式ホームページ
電車・バスで 東京メトロ乃木坂駅からすぐ
駐車場 周辺の有料駐車場を利用
問い合わせ 国立新美術館ハローダイヤル TEL:050-5541-8600/FAX:03-3405-2531
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
サントリー美術館

サントリー美術館

東京都港区赤坂9丁目、六本木、東京ミッドタウンにある美術館が、サントリー美術館。国宝、重要文化財を含む約3000件を所蔵し、日本美術を中心とした企画展を開催。前身は昭和36年に東京・丸の内に開館したサントリー美術館で、赤坂見附に移転後、東京

六本木アート・トライアングル

六本木アート・トライアングルとは!?

東京都港区六本木にある、施設自体も、展示内容も個性的な3つの美術館、国立新美術館、サントリー美術館、森美術館が構成する三角形が、六本木アート・トライアングル。開催中の展覧会チケットの半券で、他の2館の観覧料が割引になる「あとろ割」を実施して

森美術館

森美術館

東京都港区六本木6丁目、六本木ヒルズ森タワーの最上層(53階)にある美術館が、森美術館。美術館と展望台「東京シティビュー」は専用の入口(ミュージアムコーン)を利用して入館する仕組み。ニューヨークのホイットニー美術館を設計したリチャード・グラ

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

Avatar photo

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

おすすめ

よく読まれている記事

こちらもどうぞ