洗足池公園・ボート乗り場

洗足池公園・ボート乗り場

東京都大田区南千束2丁目、清水窪弁財天の湧水など、周辺の湧水を湛える洗足池の南岸にあるのが、洗足池公園・ボート乗り場。東急電鉄池上線・洗足池駅前、洗足池交番近くにボートハウスがあり、洗足風致協会が運営しています。

昭和2年、池上電鉄が開場という歴史あるボート場

洗足池公園・ボート乗り場

洗足池周辺は、市街化から風光明媚な湧水池を守るため、同じ遊水池の善福寺池、三宝寺池と同様に、昭和5年には都市計画法に基づく「風致地区」に指定。
昭和8年、社団法人洗足風致協会(現・公益社団法人洗足風致協会)が設立され、環境保全が図られ、同時に行楽地としての環境整備が行なわれました。

もともと洗足池は武蔵野台地南端の湧水を堰き止めた灌漑用の溜池でしたが、大正年間には周囲の農家が減少し、今では池と住宅が接するという不思議な環境に。

洗足駅は、昭和2年8月28日、池上電鉄の駅として開業、ボート場も当初は池上電鉄の運営で(池上電鉄が、洗足池の地主から洗足池の水面利用権を獲得)、荏原土地が周辺の住宅開発を行なっています。
昭和2年開場というボート場は、東京屈指の歴史を誇り、「駅前ボート場」という異色の空間を生んでいます。

洗足池公園は大田区立公園ですが、都立公園と同様に、手こぎボート(ロウボート/大人3人まで)サイクルボート(大人2人、幼児1人まで)、スワンボート(大人3人または大人2人と小人2人まで)が用意されています。
風光明媚な洗足池とともにレトロなボート遊びの雰囲気を今に伝えています。

洗足池公園・ボート乗り場
洗足池公園・ボート乗り場
名称 洗足池公園・ボート乗り場/せんぞくいけこうえん・ぼーとのりば
所在地 東京都大田区南千束2-14-5
関連HP 大田区公式ホームページ
電車・バスで 東急池上線洗足池駅から徒歩2分
ドライブで 首都高速荏原ランプから約3.5km
駐車場 なし
問い合わせ 大田区地域基盤整備第三課 TEL:03-3726-4320/FAX:03-3726-4318
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
洗足池

洗足池

武蔵野台地南端の湧水をせきとめた、約4万平方メートルもの広大な湧水池が東京都大田区南千束にある洗足池(せんぞくいけ)。清水窪弁財天の湧水など、周囲の湧き水を池に湛えています。現在は大田区立の公園となり、池では手漕ぎボート(洗足風致協会運営)

洗足池公園

洗足池公園

東京都大田区南千束2丁目、北千束の清水窪湧水などを主な水源とする都内屈指の広さを有する淡水池、洗足池を中心とする大田区立の公園が、洗足池公園。春の桜、秋の紅葉で賑わう公園で、洗足池ではボート遊びを楽しむことができます。冬は渡り鳥の楽園で、野

東京でボート遊び 全10ヶ所紹介

東京でボート遊び 全10ヶ所紹介

東京23区内でボート遊びができるのは10ヶ所。千鳥ヶ淵や不忍池、井の頭池は有名ですが、最も歴史を誇るのは意外にも武蔵関公園(練馬区)。ロウボート、サイクルボート、スワンボートが揃う都立公園、安さが自慢の区立公園と、環境と好みに合わせて利用可

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

おすすめ

よく読まれている記事

こちらもどうぞ