井の頭恩賜公園・ボート場

井の頭恩賜公園・ボート場

東京都三鷹市、井の頭恩賜公園の井の頭池の中央で、池が二股に分かれる場所にあるのが、ボート場。北からは七井橋、南からは狛江橋で渡る半島状になった先端に位置しています。井の頭恩賜公園は、大正6年5月1日に開園していますが、ボート場も昭和4年7月に開設されています。

通年営業という人気の高いボート場

井の頭恩賜公園・ボート場

12月〜2月の水曜のみ定休で、通年営業するというのも、井の頭池のボートの人気の高さから。
都立公園のため、上野恩賜公園などと同様に、手こぎボート(ロウボート/大人3人まで)、サイクルボート(大人2人、小人1人まで)、スワンボート(大人2人、小人2人まで)が用意され、料金も手こぎボート、サイクルボート、スワンボートの順に高くなる仕組み。

「井の頭恩賜公園のボートに乗るとカップルは破局する」という名古屋・東山公園のボート池と同様の都市伝説がありますが、周囲や、京王井の頭線沿線に大学が多く、「若いカップルは、単純に、結婚まで付き合うことができるカップルよりも分かれるカップルの方が多いから」というのが合理的な説明になっています。

井の頭弁財天に祀られる八臂(はっぴ)弁才天が、焼きもちを焼くなどという説もまことしやかに流布していますが(弁才天は仏教の護法神で吉祥天と並ぶ代表的女神)、もともとは、弁才天で持ち物が武器を主体とした武神の性格を帯びた神仏習合の神で、鎌倉時代以降は、宇賀神と結びついて福徳の神に変化し、江戸時代以降、財福信仰と結びつき「弁財天」と記されるようになったもの。

花見シーズン、GW、夏休みの土・日曜などには、ボート場は順番待ちで混雑するので、「カップルは破局」というジンクスにも負けないためにも、それ以外を狙うのが賢明。

井の頭恩賜公園・ボート場
名称 井の頭恩賜公園・ボート場/いのかしらおんしこうえん・ぼーとじょう
所在地 東京都三鷹市井の頭4-1
関連HP 井の頭恩賜公園公式ホームページ
電車・バスで JR吉祥寺駅から徒歩7分
ドライブで 首都高速高井戸ランプから約6.2km
駐車場 60台/有料
問い合わせ 井の頭恩賜公園案内所 TEL:0422-47-6900/FAX:0422-47-9371
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
井の頭恩賜公園

井の頭恩賜公園

東京都三鷹市と武蔵野市にまたがる都立公園が、井の頭恩賜公園(いのかしらおんしこうえん)。大正2年5月1日、日本最初の郊外公園として開園。神田上水の水源、神田川の源流ともなる湧水池の井の頭池を中心に、武蔵野の面影を残す公園で、日本さくら名所1

井の頭恩賜公園の桜

井の頭自然文化園などを含めて500本ほどの桜が咲く井の頭恩賜公園。とくに神田川上水の水源ともなった井の頭池の周囲には250本もの桜が咲き、池のボートからのお花見も楽しめます。大正6年5月1日に開園した井の頭恩賜公園は、「日本さくら名所100

井の頭池は「神田川の源流」で江戸の町の水源だった!

神田川と聞いて何をイメージするでしょうか?年配の人はフォークの名曲『神田川』(昭和48年9月20日発売/南こうせつとかぐや姫)でしょうか?その源流が井の頭池で、江戸時代には江戸の人の暮らしを支えました。神田川といえばかぐや姫と答える熟年世代

井の頭池

井の頭池

東京都三鷹市、井の頭恩賜公園の中核をなす池が、井の頭池。江戸入府後の徳川家康が、鷹狩の際に湧水を気に入り、神田上水の水源にしたという池で、今も両国橋脇で隅田川に合流する神田川(流路延長24.6km)の源流になっています。現在では、井の頭恩賜

東京でボート遊び 全10ヶ所紹介

東京でボート遊び 全10ヶ所紹介

東京23区内でボート遊びができるのは10ヶ所。千鳥ヶ淵や不忍池、井の頭池は有名ですが、最も歴史を誇るのは意外にも武蔵関公園(練馬区)。ロウボート、サイクルボート、スワンボートが揃う都立公園、安さが自慢の区立公園と、環境と好みに合わせて利用可

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

おすすめ

よく読まれている記事

こちらもどうぞ