お台場海浜公園・自由の女神像

お台場海浜公園・自由の女神像

東京都港区台場1丁目、東京港海上公園のひとつ、お台場海浜公園にあるのが、自由の女神像。レインボーブリッジや東京タワーを眺望するスカイウォーク(空中回廊)途中に設置され、東京を代表するビューポイントになっています。夕景や夜景を眺めるデートスポットとしても人気。

パリにある自由の女神像のレプリカ

お台場海浜公園・自由の女神像

アメリカ合衆国・ニューヨーク州にある自由の女神像(Statue of Liberty)は、「アメリカの独立100周年」を記念してフランスから贈られたもので、像高46m(台座を含め93m)、1886年(明治19年)に完成。

パリにある自由の女神像(STATUE DE LA LIBERTÉ)は、1889年(明治22年)、「フランス革命100周年」の記念に、ニューヨークの自由の女神像の返礼としてパリに住むアメリカ人たちからフランスに贈られたもので、セーヌ川のシーニュ(白鳥)島に設置。
規模はずっと小さく、高さは11.5m、重さは14t。

そのパリの自由の女神像は、「日本におけるフランス年」を記念して、平成10年4月〜平成11年1月にお台場海浜公園に設置されていますが、シーニュ島設置から109年目にして初めてパリを離れて海を渡った海外公開でした。

お台場に立つ優美な姿は日仏友好のシンボルとして多くの人々に愛され、フランスへの帰国が近づくに伴いレプリカ像の設置を望む声が強まり、フジテレビ、臨海副都心まちづくり協議会、二つの自由の像設置委員会が中心となり、オリジナル像からの完全復刻像制作案をパリ市に打診したのです。

パリ市からの認可を受けて、型を取り、平成11年9月、パリ近郊、クーベルタン城内のクーベルタン鋳造工房(Foundry of Coubertin)でオリジナル像と同じブロンズ鋳造製法で制作を行ない、翌年10月に完成。
平成12年12月22日にお台場海浜公園で除幕されたもの。
像高はパリと同じで11.5m、重さは少し軽く9tです。


お台場展望デッキからなら、自由の女神像、レインボーブリッジ、東京タワー、第三台場などを一望にできます。

ちなみに、自由の女神が左手に持つのは、アメリカ合衆国の独立記念日である「1776年7月4日」とローマ数字で刻印された銘板。
冠にある7つの突起は、7つの大陸と7つの海に自由が広がるという意味です。

お台場海浜公園・自由の女神像
お台場海浜公園・自由の女神像
名称 お台場海浜公園・自由の女神像/おだいばかいひんこうえん・じゆうのめがみぞう
所在地 東京都港区台場1-4-1
関連HP 東京シーサイド お台場エリア周辺の公園オフィシャルサイト
電車・バスで ゆりかもめお台場海浜公園駅から徒歩10分
ドライブで 首都高速台場ランプから800m
駐車場 お台場海浜公園中央駐車場(101台/有料)
問い合わせ お台場海浜公園管理事務所 TEL:03-5531-0852
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
お台場海浜公園

お台場海浜公園

東京都港区台場1丁目、第三台場越しにレインボーブリッジを真正面に見る東京港海上公園が、お台場海浜公園公園。人工ビーチながら、800mに渡って続くおだいばビーチ(砂は伊豆諸島の神津島の砂を使用)にはデッキウォークも設置され、ビーチで遊ぶことも

お台場海浜公園・スカイウォーク(空中回廊)

お台場海浜公園・スカイウォーク(空中回廊)

東京都港区台場1丁目、東京港海上公園のひとつ、お台場海浜公園にあるのが、自由の女神像。レインボーブリッジや東京タワーを眺望するスカイウォーク(空中回廊)途中に設置されており、実は、お台場のビュースポットとしてはこのスカイウォーク(空中回廊)

東京都観光汽船 お台場海浜公園

お台場海浜公園の一画、デックス東京前にあるお台場海浜公園桟橋には、対岸の日の出桟橋行き、隅田川クルーズの浅草行き、豊洲行きが発着。お台場海浜公園の一等地に位置するので、レインボーブリッジや東京タワーの眺望も見事。夕日や夜景時間帯の乗船もおす

東京水辺ライン お台場海浜公園発着場

「水上バスで行こう!」がキャッチフレーズの東京水辺ライン。隅田川の両国を起点に両国〜浅草(二天門)〜浜離宮〜お台場海浜公園〜葛西臨海公園に水上バスを運航。注意したいのは東京都観光汽船とは異なること。お台場海浜公園の桟橋は、両社の共用の桟橋と

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

おすすめ

よく読まれている記事

こちらもどうぞ