東京駅・原首相遭難現場

東京駅・原首相遭難現場

東京都千代田区丸の内1丁目、東京駅丸の内南口、券売機前の床面に埋め込まれた円の内部に6角形という形をしたい印が、原首相遭難現場。平民宰相といわれた原敬(はらたかし)首相は、大正10年11月4日19:20、東京駅で刺客により心臓を刺されて死亡。その現場が丸の内南口です。

東京駅丸の内南口券売機前では足元の印に注目を!

東京駅・原首相遭難現場

原敬首相は、大阪で開かれる関西政友会大会に出席するため、東京駅へ(当時は丸の内南口が入口、北口が出口と乗客の動線を分けていました)。
駅長室から乗車口に向かう途中、大塚駅転轍手(レールの分岐器を操作)・中岡艮一(なかおかこんいち/19歳)に暗殺されたのです。
隠れていた中岡艮一は、初代東京駅長・高橋善一の肩をかすめ、5寸の短刀で原首相の右胸を刺したのです。
刺された傷は心臓に達し、数分後に絶命しています。
逮捕後に中岡艮一は、原敬首相の政友会による強引な政治手法に反発したと説明し、右翼団体との関係も噂されたものの、背後関係は不明なまま投獄され、なぜか3度の恩赦の末、昭和9年に釈放となっています。
事件の1ヶ月前には、神州義団団長を名乗る右翼・朝日平吾が、安田財閥の安田善次郎を暗殺する事件が起こり(中岡艮一の原敬首相暗殺もこの事件に刺激を受けたといわれています)、右翼による要人暗殺の頻発が生まれるきっかけにもなっています。

券売機の横には、事件のあらましを記した説明板も設置。
原敬首相の墓所は故郷、岩手県盛岡市の大慈寺にあります。

東京駅・原首相遭難現場
名称 東京駅・原首相遭難現場/とうきょうえき・はらしゅしょうそうなんげんば
所在地 東京都千代田区丸の内1丁目
関連HP 千代田区観光協会公式ホームページ
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
大慈寺

大慈寺

岩手県盛岡市、南の寺町(寺ノ下寺院群地区)の中心的な存在の黄檗宗(おうばくしゅう)の寺、大慈寺(だいじじ)。大正10年11月4日に東京駅(現・丸の内南口)で中岡艮一(なかおかこんいち)の凶刃に倒れた平民宰相・原敬の遺体は盛岡に送られ11月1

東京駅新幹線記念碑

東京駅新幹線記念碑

東京都千代田区丸の内1丁目、東京駅の18番・19番ホームの南端に立つのが、東京駅新幹線記念碑(鉄道建設記念碑)。昭和48年に東海道新幹線の建設に尽力した「新幹線の父」・第4代国鉄総裁の十河信二(そごうしんじ)のレリーフを埋め込んだ記念碑です

東京駅・京葉線ホーム

東京駅・京葉線ホーム

東京駅八重洲南口から京葉線連絡通路で地下4階に降りると京葉線ホームがあります。鍛冶橋通りの地下に位置し、鍛冶橋通りには京葉線の改札口に通じる細い階段もあります。成田新幹線に予定されていたホームが転用されたから、東京駅のはずれにあります。海抜

東京駅0キロポスト(中央本線0キロポスト)

東京駅0キロポスト(京浜東北線0キロポスト)

東京都千代田区丸の内1丁目、東京駅3番線ホームの線路脇に置かれているのが、東京駅0キロポスト(京浜東北線0キロポスト)。0キロポスト(ゼロキロポスト)とは鉄道の起点を表す0km pointのこと。3番線ホームに置かれているポストは、東北本線

東京駅0キロポスト(中央本線0キロポスト)

東京駅0キロポスト(中央本線0キロポスト)

東京都千代田区丸の内1丁目、東京駅1番線ホームの線路脇に置かれているのが、東京駅0キロポスト(中央本線0キロポスト)。0キロポスト(ゼロキロポスト)とは鉄道の起点を表す0km pointのこと。中央本線は東京駅が起点のため、1番線(中央線快

東京駅0キロポスト(山手線0キロポスト)

東京駅0キロポスト(山手線0キロポスト)

東京都千代田区丸の内1丁目、東京駅4番線と5番線の線路の間に置かれているのが、東京駅0キロポスト(山手線0キロポスト)。0キロポスト(ゼロキロポスト)とは鉄道の起点を表す0km pointのこと。4番線・5番線線路の間に置かれているポストは

東京駅0キロポスト(東海道新幹線0キロポスト)

東京駅0キロポスト(東海道新幹線0キロポスト)

東京都千代田区丸の内1丁目、東京駅の16・17番線ホーム、18・19番線ホームの2ヶ所に置かれているのが、東京駅0キロポスト(東海道新幹線0キロポスト)。0キロポスト(ゼロキロポスト)とは鉄道の起点を表す0km pointのことです。東海道

東京駅・浜口首相遭難現場

東京駅・浜口首相遭難現場

東京都千代田区丸の内1丁目、東京駅9番線・10番線直下の新幹線中央乗換口近くにあるのが、浜口首相遭難現場のマーク(丸の中に六角形の印)。浜口雄幸(はまぐちおさち・濱口雄幸)首相は、昭和5年11月14日、東京駅の第4ホーム(当時)を移動中に銃

東京駅・装飾付き架線柱

東京駅・装飾付き架線柱

東京都千代田区丸の内1丁目、東京駅5番線(山手線渋谷・品川方面)・6番線(京浜東北線蒲田・関内方面)ホームに保存されるのが、装飾付き架線柱(鋳鉄柱)。大正3年12月20日の東京駅開業時の第二乗降場(第2ホーム)時代のレトロな柱で、東京駅の最

東京ステーションギャラリー

東京ステーションギャラリー

東京都千代田区丸の内1丁目、東京駅丸の内駅舎内(丸の内北口ドーム)にある東日本鉄道文化財団運営の美術館が、東京ステーションギャラリー。大正3年、辰野金吾の設計で創業した東京駅創建時の躯体レンガをそのまま壁面に活かした展示室で、様々な企画展が

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

おすすめ

よく読まれている記事

こちらもどうぞ