アクアポケット

アクアポケット

富山県滑川市(なめりかわし)、富山湾に臨む富山県道1号(富山魚津線)沿い、道の駅ウェーブパークなめりかわ東にあるのが、アクアポケット。富山湾の水深333mから海洋深層水を汲み上げ、濃縮水、高濃縮水、脱塩水、原水という4種類の海洋深層水を生み出す海洋深層水分水施設です。

富山湾の海洋深層水を展示販売

アクアポケット
給水される蛇口が並ぶ窓口

富山湾の海水は、水深200mくらいまでの、河川から流入する水が混じって塩分濃度の低い「沿岸表層水」、その下層200m~300mの「対馬暖流系水」、さらに300m以下に深海に低温の「日本海固有水」という3層構造になっています。
海洋深層水とは、この「日本海固有水」のことで、有機物、細菌が少なく(生菌数は表層水の1000分の1〜1万分の1)、多種の微量なミネラル(栄養塩=太陽光線が届かない深さなので、光合成が行なわれず栄養塩が消費されません)が溶け込んでいるミネラルバランスのいい海水(塩分濃度は3.40%~3.41%です)。
ちなみに、この「日本海固有水」が湾内で採取できるのは、富山湾だけで、一般的にははるか沖合の深海に潜んでいます。

海洋深層水を紹介する展示・体験コーナーがあるほか、深層水の販売も実施。
原水のほか、脱塩水、高濃縮水も販売。
ペットボトル、ポリタンクの販売もあるので、名水スポット、温泉スタンドのような感じで汲んでいくことができます。
原水は、浴槽に入れて入浴剤、塩分濃度とミネラル分を利用した料理に最適。
逆浸透膜方式により深層水の成分をわずかに残した清浄性の高い深層水「脱塩水」は、お茶やコーヒーを入れるのに適しているとか。
高濃縮水は、逆に逆浸透膜方式により2段処理し、含有成分を高濃縮した全塩濃度15%程度の深層水で、家庭での塩作りなどに活用可能。
原水、脱塩水、高濃縮水は、常時販売されています(購入希望の深層水をスタッフに申し出れば、スタッフが給水を実施)。

アクアポケット
名称 アクアポケット/あくあぽけっと
所在地 富山県滑川市坪川新31
関連HP 滑川市公式ホームページ
電車・バスで あいの風とやま鉄道・富山地方鉄道滑川駅から徒歩5分
ドライブで 北陸自動車道滑川ICから約5km
駐車場 20台/無料
問い合わせ アクアポケット TEL:076-476-9305/FAX:076-476-9306
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
道の駅ウェーブパークなめりかわ

道の駅ウェーブパークなめりかわ

富山県滑川市(なめりかわし)、富山湾に臨む富山県道1号(富山魚津線)沿いにある道の駅が、道の駅ウェーブパークなめりかわ。メイン施設は、ほたるいかミュージアム、深層水体験施設タラソピアで、オーシャンビューの「パノラマレストラン光彩」、地元物産

ほたるいかミュージアム

ほたるいかミュージアム

富山県滑川市(なめりかわし)中川原、ほたるいか漁で知られる滑川のある水族館、ほたるいかミュージアム。観光船からほたるいか漁を見学する「ほたるいか海上観光」は例年4月上旬~5月上旬のみ。ほたるいかミュージアムは、通年、ほたるいかの仕組み、住処

深層水体験施設タラソピア

深層水体験施設タラソピア

富山県滑川市、道の駅「ウェーブパークなめりかわ」にある滑川沖水深333mで採取される海洋深層水を利用したリフレッシュ施設が、深層水体験施設タラソピア。海洋深層水には富栄養性、清浄性、低温性という性質があり健康増進、ストレス解消、血行促進など

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ