高岡市万葉歴史館

高岡市万葉歴史館

富山県高岡市にある『万葉集』の博物館が高岡市万葉歴史館。万葉歌人として有名な大伴家持(おおとものやかもち)は、越中国の国司として天平18年(746年)から5年間、越中国の国庁に赴任していますが、国庁が置かれていたのが射水郡伏木、現在の高岡市伏木です。

『万葉集』に残された「越中万葉」がテーマ

大伴家持やその部下の官人たちは、万葉集の歌4516首のうち、越中を舞台に337首もの歌を今に残していますが、高岡市万葉歴史館はその『万葉集』に残された歌をテーマにしたユニークなミュージアム。
『万葉集』や上代文学関連の古写本・版本類、遣唐使船の模型、大伴家持のサインのある太政官符(複製)などを収蔵展示するほか、万葉集ゆかりの草花や樹木が植栽された四季の庭(春の庭、夏の庭、秋の庭、冬の庭)も整備されています。

令和2年~3年度にかけリニューアルが行なわれ、「万葉体感エリア」(常設展示室)では、大伴家持が越中へ赴任した際に詠んだ歌と、高岡の四季折々の自然の美しさが、3方向の大型スクリーンにプロジェクションマッピングで映し出されます。

越中国の国庁がどこにあったのか、礎石などの遺構は見つかっていませんが勝興寺一帯が国庁跡、大伴家持も暮らした国司館は、高岡市伏木気象資料館(旧伏木測候所)が東館(ひがしだち)という小字名から国司館跡と推測されています。
越中国分寺跡は、高岡市伏木一宮にその塔跡などがみつかっていますが、越中国分尼寺のあった場所は今も謎です。

高岡市万葉歴史館
名称 高岡市万葉歴史館/たかおかしまんようれきしかん
所在地 富山県高岡市伏木一宮1-11-11
関連HP 高岡市万葉歴史館公式ホームページ
電車・バスで JR伏木駅から徒歩25分。または、JR伏木駅から加越能バス伏木方面行きのバスで30分、伏木一宮下車、徒歩5分
ドライブで 能越自動車道高岡北ICから約8km
駐車場 54台/無料
問い合わせ 高岡市万葉歴史館 0766-44-5511/FAX:0766-44-7335
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
越中国分寺跡

越中国分寺跡(薬師堂)

越中国(現・富山県)の国府は、現在の富山県高岡市伏木にあったと推測され(現在の勝興寺付近)、越中国分寺跡も同じ高岡市伏木にあります。聖武天皇が国家の安穏を祈願して全国に配した国分寺の跡で、天平13年(741年)の国分寺建立の詔で建立。現在は

高岡市伏木気象資料館

高岡市伏木気象資料館

富山県高岡市伏木は、古代には越中国の国府が置かれ、江戸時代から大正時代には北前船の寄港地として賑わった地。明治16年に私設の伏木灯台に併設するかたちで廻船問屋の藤井能三が建設した伏木測候所。その明治42年築というレトロな擬洋風建築を再生した

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ