大門王子

大門王子

和歌山県田辺市、世界文化遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」の構成資産になった熊野古道・中辺路(なかへち)途中にあるのが大門王子(だいもんおうじ)。熊野九十九王子社(くまのくじゅうくおうじしゃ)のひとつ。高原集落から十丈峠へ向かう山道にあり、かつて付近に熊野本宮の大鳥居があったのが名の由来。

高原〜十丈峠間にある王子

江戸時代までは碑があるだけだったと推測されていますが、熊野三百町石のひとつと思われる笠塔婆(かさとうば)と、紀州藩主・徳川宗直(とくがわむねなお)が享保8年(1723年)に建立した緑泥片岩製の王子跡石碑が立っています。
朱塗りの小さな社殿は、平成元年の建立。
高原熊野神社から1.8km、徒歩45分。

名称 大門王子/だいもんおうじ
所在地 和歌山県田辺市中辺路町高原
関連HP 田辺観光協会公式ホームページ
ドライブで 阪和自動車道南紀田辺ICから約26km
駐車場 高原霧の里駐車場(15台/無料)
問い合わせ 田辺観光協会 TEL:0739-26-9929/FAX:0739-22-9903
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
高原池

高原池

和歌山県田辺市、世界文化遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」の構成資産となる熊野古道・中辺路(なかへち)。その途中、滝尻王子~継桜王子間、高原熊野神社から大門王子へと上る途中にある農業用のため池が高原池(たかはらいけ)。江戸時代に高原地区の農業用

高原熊野神社

高原熊野神社

和歌山県田辺市、熊野本宮へとつながる熊野古道・中辺路(なかへち)の高原(たかはら=不寝王子と大門王子の間)にある古社が高原熊野神社。応永年間(1394年~ 1428年)に若王子(にゃくおうじ)を熊野本宮から勧請して創建。朱塗り檜皮葺、春日造

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ