関門橋

関門橋

関門海峡(早鞆ノ瀬戸)をまたぎ、山口県下関市と福岡県北九州市門司区を結ぶ、全長1068m、幅26m・6車線の吊り橋が、関門橋。下関IC〜門司IC間の高速道路・関門自動車道の一部となっています。関門海峡を横断する陸上交通機関では唯一地上にあり、アジアハイウェイ1号(AH1/日本国内は江戸橋JCT〜博多港国際ターミナル)の一部。

源平合戦・平家滅亡の地、壇ノ浦にかかる本州と九州を結ぶ長大橋

関門橋
関門橋

関門橋の橋塔間は712m、桁下は満潮時で61mあり、大型船も余裕を持って通過することができます。
昭和48年11月14日の完成当時は、日本における長大橋の始まりの橋で、昭和37年完成の若戸大橋(627m)をしのぎ、東洋一の長大吊橋として知られていました。

また関門橋の架かる早鞆ノ瀬戸は源平古戦場「壇之浦」で、早鞆(はやとも)という名の通り、潮流の流れが早く、しかも1日4度も向きを変える海の難所に(「日本三大潮流」のひとつ)。
満潮時の流れは、瀬戸内海西端の周防灘(すおうなだ)から日本海・玄界灘側の響灘(ひびきなだ)への西方向で西流れといいます。
逆に干潮時は東に流れ、この潮の流れを読み違えたということで、「平家、急潮に滅ぶ」という平家滅亡潮流説(大正8年『歴史と地理』発表、歴史学者で東京帝国大学教授・黒板勝美の研究)が誕生したのです。

北九州市側の関門橋のたもとには、平家が壇之浦の戦い前に酒宴を開いたとされる和布刈神社(めかりじんじゃ)が鎮座しています。
関門橋の下関側には壇ノ浦PA(下り線)、北九州側にはめかりPA(上り線)があり、関門橋を眺望することができます。

関門橋の下関側たもと北側には「みもすそ川公園」が整備され、壇ノ浦古戦場の碑、源義経・平知盛の像などが立っています。
下関側では、火の山公園、壇ノ浦PA(下り線)、そして「みもすそ川公園」が、関門橋のビューポイントになっています。

ちなみに本州側から九州に渡る人道は、関門橋(高速国道の橋)にはないので、関門トンネル人道で海底を歩くという異色なルートになっています。

関門橋
関門橋

関門橋 DATA

名称 関門橋/かんもんきょう
所在地 山口県下関市みもすそ川町
関連HP ネクスコ西日本公式ホームページ
電車・バスで JR下関駅からサンデン交通バス新下関駅方面行きで8分、御裳川下車、徒歩2分
ドライブで 中国自動車道下関ICから約2.4kmで壇之浦PA
駐車場 壇之浦パーキングエリア・めかりパーキングエリアなどを利用
問い合わせ ネクスコ西日本九州支社 TEL:092-260-6111
掲載の内容は取材時のものです、最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

日本三大潮流とは!?

2018年12月5日
若戸大橋

若戸大橋

2018年10月16日

めかり観潮遊歩道(ノーフォーク広場)

2018年10月13日
和布刈山公園

和布刈公園

2018年10月13日

和布刈神社

2017年7月4日

関門トンネル人道

2017年7月4日

みもすそ川公園

2017年7月4日

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ