関門トンネル人道

昭和33年に完成した関門トンネル(国道2号)は、世界初の海底トンネル。トンネル内部は2層になり、上が車道、下が徒歩用の関門トンネル人道になっています。全長780mの関門トンネル人道は、歩道入口までエレベーターが設置され、徒歩10分~15分で本州と九州を往来することができる仕組み。

徒歩で関門海峡を渡って九州に上陸!

下関側の人道入口
エレベーター(国道扱い)で海底の人道へ

関門海峡の最狭部(幅は600mほど)、壇之浦と和布刈(めかり)の間、早鞆の瀬戸(はやとものせと)の下を関門トンネルが抜けています。
昭和17年に鉄道トンネルが開通しましたが、関門国道トンネルは戦時下ということ、トンネルの掘削に適さない地質ということで工事が難航。
戦後、有料道路建設として工事が再開され、昭和33年に完成しました。

海底部(780m)は、上部の3分の2が車道、下部の3分の1が人道になっています。
歩行者、自転車、50cc以下の原動機付自転車が通行可能です(歩行者のみ無料)。
自転車、50cc以下のバイクは、手押しでのみ通行可能。

人道の山口県下関市側の入口は、みもすそ川公園に隣接(入口に「関門隧道建設の碑」が立っています)。
トンネルの最深部付近の中間地点に、福岡県と山口県の県境を示す表示があります。
この人道部分の県境は、なんと海面下58mに位置しています。

福岡県・門司港側(福岡市)の入口は関門海峡に臨む和布刈神社(めかりじんじゃ)のそば。

関門トンネル人道は「国道扱い」なので、当然、歩道入口までのエレベーターも国道ということに。
竜飛岬の階段国道と並んで、異色の「エレベーター国道」に。

 

関門トンネル人道 DATA

名称 関門トンネル人道/かんもんとんねるじんどう
Kanmon Pedestrian Tunnel
所在地 山口県下関市みもすそ川町1
関連HP 下関公式観光サイト
電車・バスで JR下関駅からサンデン交通バス新下関駅方面行きで8分、御裳川下車、徒歩2分
ドライブで 中国自動車道下関ICから約4.6km(9分)
駐車場 10台(関門プラザ駐車場)/無料
問い合わせ 下関市観光政策課TEL:083-231-1350
掲載の内容は取材時のものです、最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
関門橋

関門橋

2018年12月19日

めかり観潮遊歩道(ノーフォーク広場)

2018年10月13日
和布刈山公園

和布刈公園

2018年10月13日
海底トンネル

海底を歩く! 海底トンネル人道 全5ヶ所紹介

2018年5月5日
関門トンネル(関門国道トンネル)

関門トンネル(関門国道トンネル)

2018年3月1日

和布刈神社

2017年7月4日

みもすそ川公園

2017年7月4日

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ