封人の家(旧有路家住宅)

封人の家(旧有路家住宅)

山形県最上郡最上町にある封人の家(ほうじんのいえ)は、江戸時代に役場や国境の警護の役目も果たしていた役人の家。有路家(ありじけ)は、仙台領との境に位置し、代々新庄領堺田村の庄屋を務めていた名家です。築350年ほどの建物(旧有路家住宅)は、国の重要文化財にも指定。元禄2年(1689年)の初夏に、雨のため芭蕉が2日間逗留しています。

『奥の細道』途中、松尾芭蕉も宿泊

元禄2年5月15日(1689年7月1日)、堺田越(さかいだごえ)で中山峠を越え陸前(宮城県)から出羽国(山形県)に入った芭蕉は、封人の家で雨宿りを兼ねて2泊。
「大山を登って日すでに暮れければ、封人の家を見かけて宿りを求む。三日風雨荒れてよしなき山中に逗留す」(『奥の細道』)。
新暦の7月1日であたりは新緑でさぞかし美しかったことと想像されます。
『奥の細道』に「封人の家」と記されたので、そう呼ばれています。

国道47号沿いにある旧有路家住宅は、山形県東北部に見られた広間型民家の代表的な建物。
有路家は、国境の警備も務める庄屋でしたが、街道時代には問屋や旅宿の機能も備えていました。

芭蕉は、「蚤虱(のみしらみ)馬の尿(ばり)する枕もと」の句を詠んでいます。
馬も人も同じ屋根の下で寝る東北の庄屋なので、夜中に馬がじょろじょろとおしっこ、といった感じの一夜だったのです。
実際には芭蕉は馬屋から土間といろりを挟んだ中座敷に寝たと推測できるので、待遇が悪いということではなく、少し民俗学的な視点から、こう表現したものだと地元では解釈しています。
ただ、混雑した日で、馬屋近くに寝た可能性もあり、この句の解釈を巡り、多くの説が出されているのです。
当時、小国地区は小国駒(おぐにごま)を産する出羽国でも随一の馬産地でした。

隣接の資料館には芭蕉や『奥の細道』、小国駒に関する資料が展示されています。
徒歩4分ほどの場所にある「堺田分水嶺広場」は、太平洋(江合川から旧北上川へ)と日本海(小国川から最上川へ)の中央分水嶺。
平坦地に分水嶺がある珍しい場所です。

名称 封人の家(旧有路家住宅)/ほうじんのいえ(きゅうありじけじゅうたくほうじんのいえ)
所在地 山形県最上郡最上町堺田59-3
関連HP 最上町公式ホームページ
電車・バスで JR堺田駅から徒歩5分
ドライブで 東北自動車道古川ICから約40km
駐車場 30台/無料
問い合わせ TEL:0233-45-2397
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
山刀切峠

山刀伐峠

山形県最上郡最上町と尾花沢市の境に位置する標高470mの峠が山刀伐峠(なたぎりとうげ)。最上地区と尾花沢を結ぶ山越えの古道で、『奥の細道』で松尾芭蕉もこの峠を越えて山寺へと向かっています。かつては難所といわれ、当時は案内人をたてても迷うほど

尿前の関

尿前の関

宮城県大崎市の鳴子温泉にある江戸時代の関所の跡が尿前の関(しとまえのせき)。尿前の関は、山形に至る出羽街道(でわかいどう)の関所で、最上(もがみ)と伊達(だて)両氏の対立が続いていたことから、人馬や物資の出入りを厳しく取り締まり、『奥の細道

出羽街道中山越

出羽街道中山越

宮城県大崎市、鳴子温泉から出羽国新庄領へ向かう出羽街道中山越(でわかいどうなかやまごえ)は、藩政時代に交通の要衝だった場所。吉岡宿(現・大和町)で奥州街道から分岐し、新中田、岩出山、尿前の関( しとまえのせき)を経て堺田(現・山形

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ