最上川スワンパーク

最上川スワンパーク

山形県酒田市、最上川の河口、出羽大橋の上流側の河畔につくられた、冬期に飛来するハクチョウたちを観察する河川公園が最上川スワンパーク。昭和41年に中学生が7羽のハクチョウを確認して以来、飛来数が増加し、平成8年にはハクチョウの飛来数日本一となった最上川河口に整備された公園です。

最上川の河口は、日本一ハクチョウの飛来数を誇る場所

シベリア方面から飛来するハクチョウにとって庄内平野は安全な寝床と餌場に恵まれており、全国有数の飛来地。
毎年10月上旬に第一陣が姿を見せ、秋の深まりとともに飛来数が増加し、3月上旬頃まで庄内平野で越冬しています。
とくに最上川河口から両羽橋までの5kmには、コハクチョウ、オオハクチョウあわせて1万羽ほどが飛来し、単一エリアとしては日本一の飛来数を誇っています。

地元住民らで保護活動団体「酒田市白鳥を愛する会」が組織され、給餌活動なども行なわれています。

「秋〜冬に酒田に来たなら、最上川スワンパーク見物は外せません。できれば食パンを持って行くのがおすすめです」(地元カメラマンの話)とのこと(鳥インフルエンザの発生などで餌付けが禁止の場合もあります)。
日中は田畑に出かけ、数が少なくなり、カモメ、カモ類の観察となりかねないので、ハクチョウがお目当ての場合には朝夕が狙い目です。

最上川スワンパーク
最上川スワンパーク
名称 最上川スワンパーク/もがみがわすわんぱーく
所在地 山形県酒田市落野目
関連HP 酒田市公式ホームページ
電車・バスで JR酒田駅からタクシーで10分
ドライブで 日本海東北自動車道酒田ICから約5km
駐車場 50台/無料
問い合わせ 酒田市建設部整備課公園緑地係 TEL:0234-26-5745/FAX:0234-26-7364
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
最上川

最上川

山形県米沢市にそびえる西吾妻山(2035m)北面、火焔滝(ひのほえのだき)を源流に、山形県を北上し、酒田市で日本海に注ぐ長大な河川が最上川(もがみがわ)。幹川流路延長は229kmで、木曽川と並んで日本第7位、流域面積7040平方キロは日本第

大山上池・大山下池

大山上池・大山下池

山形県鶴岡市大山にある農業用の溜池が大山上池・大山下池。江戸時代に治山治水の水害対策と農業用貯水池として築造された池で、今も現役。大山公園の南に位置するのが大山上池(14.9ha)、北にあるのが大山下池(24.8ha)で、ハクチョウなどの飛

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ