津金学校

津金学校

山梨県北杜市須玉町下津金、明治7年10月11日に開校した津金学校をミュージアムとして復元整備した施設が津金学校。明治6年に山梨県令として着任した(着任当初は山梨権令)藤村紫朗(ふじむらしろう)の指導の下で建てられた擬洋風建築で、設計は甲府の大工・小宮山弥太郎(こみやまやたろう)。

明治、大正、昭和と3代の校舎が現存!

津金学校

山梨県令・藤村紫朗の指導の下で建てられた擬洋風の学校建築は、藤村式建築(ふじむらしきけんちく)と呼ばれています。
しかし、山梨県における擬洋風建築の学校建設は、山梨県や県令・藤村紫朗が洋風が条件と指示したわけでなく(和風でも可とされていました)、地元の棟梁が当時の流行を取り入れ、見様見真似でそれぞれの形を生み出したと推測されています。
それでも当時、山梨県内では住民の私財が投入され、労力奉仕などにより36校の藤村式建築が建設されているのです。

津金学校は、地元大工が施工を請け負い、開校当初から校舎の一部を津金村役場に転用していました。
戦時下の昭和16年に津金国民学校となり、戦後の昭和22年からは津金村立津金小学校として使用され(昭和30年に合併し須玉町立津金小学校に)、昭和60年、若神子(わかみこ)、穂足(ほたり)、多麻(たま)、江草(えぐさ)、岩下の5校が統合し、廃校に。
廃校時にはすでに老朽化で雨漏りするほどでしたが、復元工事が行なわれ、平成3年4月に津金公民館として再生、さらに平成4年3月からは須玉町歴史資料館として再生、現在に至ります。
館内には明治時代から昭和期の学校関連教材や郷土資料を展示。

津金学校(明治校舎)に隣接して、大正校舎(大正13年築)、昭和校舎(津金中学校として昭和28年に建築)と3代にわたる校舎が現存する貴重な場所となっており、観光的にも注目されるスポットです。
「三代校舎ふれあいの里」として、大正校舎はそば打ちやほうとう、農業など各種体験の施設「大正館」、昭和校舎は「イタリアレストラン ぼのボ~ノ」、「和食 古宮」、「おいしい学校の給食」、「パン工房」、宿泊施設(ダブルベット2台の入った洋室、和室がメイン、夕食は和または洋のレストランからセレクト)、地元栽培のハーブを使った「香りの湯」を備えた「おいしい学校」に再生されています。

山梨県内に現存する藤村式建築は、津金学校(北杜市、現・津金学校)のほか、睦沢学校(甲府市、現・藤村記念館)、舂米学校(富士川町、現・富士川町民俗資料館) 、尾県学校(都留市、 現・尾県郷土資料館)、室伏学校(山梨市、現・牧丘郷土文化館)の5ヶ所で、官公庁としては、東山梨郡役所庁舎が博物館明治村(愛知県犬山市)に昭和39年に移築され、現存しています。

津金学校
名称 津金学校/つがねがっこう
所在地 山梨県北杜市須玉町下津金2963
関連HP 津金学校公式ホームページ
電車・バスで JR長坂駅・清里駅からタクシーで約20分
ドライブで 中央自動車道長坂ICから約9km、または、須玉ICから約11km
駐車場 30台/無料
問い合わせ 津金学校 TEL:0551-20-7100/FAX:0551-20-7105
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
藤村記念館(旧睦沢学校校舎)

藤村記念館(旧睦沢学校校舎)

山梨県甲府市、JR甲府駅北口に移築された、藤村式建築(ふじむらしきけんちく)を代表する建物が藤村記念館(旧睦沢学校校舎)。明治8年に睦沢村(むつざわむら/現在の甲斐市北部にあった村)に竣工した睦沢学校(むつざわがっこう)の校舎で、国の重要文

尾県郷土資料館(旧尾県学校)

尾県郷土資料館(旧尾県学校)

山梨県都留市、明治11年築の藤村式建築の旧尾県学校を再生した資料館が尾県郷土資料館。昭和48年に建物の復元修理が行なわれ、昭和49年から資料館として使われています。山梨県の文化財に指定され、現存する藤村式学校建築5ヶ所のひとつになっています

富士川町民俗資料館(旧舂米学校校舎)

富士川町民俗資料館(旧舂米学校校舎)

山梨県南巨摩郡富士川町最勝寺、明治9年に建てられた西洋風建築の小学校(旧舂米学校校舎)を資料館として再生したのが富士川町民俗資料館(旧舂米学校校舎)。藤村式建築(ふじむらしきけんちく)と呼ばれる擬洋風建築の校舎は、バルコニーや2段手すりがあ

牧丘郷土文化館(旧室伏学校校舎)

牧丘郷土文化館(旧室伏学校校舎)

山梨県山梨市牧丘町室伏、山梨県令・藤村紫朗の命で建築され、明治8年10月15日に室伏学校として開校した明治初頭の擬洋風建築(藤村式建築)の旧室伏学校校舎をミュージアムとして再生したのが牧丘郷土文化館。本来は700mほど南西に建っていたが、平

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ