日本最古のソメイヨシノ

弘前公園(弘前城跡)にあるのが「日本最古のソメイヨシノ」。単一のクローンで、病害にも弱いというソメイヨシノは60年〜80年が寿命ですが、「日本最古のソメイヨシノ」は、明治15年に植えられたもの。脅威の長寿には、りんごで培った選定、桜管理の技術があるのです。

「青森りんごの始祖」菊池楯衛が植えた桜が現存最古!

弘前公園の二の丸与力番所~東内門の間にあるのが「日本最古のソメイヨシノ」。
明治15年、旧津軽藩士・菊池楯衛(きくちたてえ)により植えられたソメイヨシノ1000本のうちの1本で、緑の相談所裏にある「日本最大幹周のソメイヨシノ」も明治15年に植えられた可能性が大とのこと。

菊池楯衛は、津軽地域がりんごの栽培に適していることを見出し、明治8年、内務省勧業寮から無料で配布されたりんごの苗木を、旧士族の屋敷に試植(明治10年、弘前士族山野茂樹の屋敷に植えた試植苗に3個初結実)。

菊池楯衛は、明治10年、北海道七重の開拓使勧業課試験場で、米国人技師からりんご栽培技術を学び、弘前で士族仲間を集め「化育社」を設立し積極的にりんご栽培に取り組みました。
というわけで、菊池楯衛は「青森りんごの始祖」と呼ばれています。

菊池楯衛は明治維新後、荒廃した弘前城跡を見かねて、当時、まだあまり知られていないソメイヨシノ(吉野桜)を1000本植栽。
旧藩士などから「城に桜を植えて物見遊山の場にするとはけしからん」と、苗を抜かれてしまうこともあったとか。

明治28年に弘前城跡が弘前公園として公開されたことが追い風となり、明治34年〜明治36年の間に、大正天皇のご成婚記念としてさらに1000本のソメイヨシノが植栽されています。

菊池楯衛が植えた桜も順調に育って、大正5年には、最初の夜桜見物が行なわれています。
 

日本最古のソメイヨシノ DATA

名称 日本最古のソメイヨシノ/にほんさいこのそめいよしの
所在地 青森県弘前市下白銀町1番地
公式HP http://www.hirosakipark.or.jp/
電車・バスで JR弘前駅から弘南バス市役所方面行きで15分、市役所公園入口下車、すぐ
ドライブで 東北自動車道大鰐弘前ICから国道7号を8.5km走った運動公園入口交差点(立体交差点)から県道109号に入り、2km走った突き当たりを右折、新土手通を道なりに1.5km走れば追手門通東交差点。右折し400m先が弘前文化センター駐車場
駐車場 弘前市立観光館駐車場(100台)・弘前文化センター駐車場(110台)/1時間まで無料、以降有料
問い合わせ 弘前公園TEL:0172-33-8739

 

弘前公園

2017.04.16

弘前城

2017.04.16

弘前城動く!

2015.09.13

弘前城天守閣が動いた!

2015.09.13

取材班が選んだ日本一の花見スポットは、弘前城・弘前公園!

2015.03.21

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

関連記事

よく読まれている記事

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

こちらもどうぞ