道の駅しちのへ(七戸文化村)

道の駅しちのへ(七戸文化村)

青森県上北郡七戸町を走る国道4号沿いにある道の駅が道の駅しちのへ(七戸文化村)。東北新幹線・七戸十和田駅から徒歩5分の位置にあり、「鷹山宇一記念美術館」を併設し、長イモ、ニンニク、伝統工芸品「南部裂織」、「南部小絵馬」などの地域文化の発信地になっているため七戸文化村の愛称が付いています。

「しちのへ産直七彩館」は、生産者直売!

「物産館」では、地酒の「駒泉」(盛田庄兵衛)や「駒饅頭」などの銘菓、「南部裂織」などの民芸品などの地場特産品や周辺市町村の特産品を展示販売。
「しちのへ産直七彩館」では、にんにくやトマト、ナスやカボチャなど地元生産者から早朝集められた採れたての新鮮野菜が棚に並ぶほか、長芋の漬物、にんにくオイル、にんにく味噌、黒にんにくなどの加工品を販売しています。
数名の生産者が常に売場を巡回し、消費者の生の声を汲み上げ、生産に反映させているのだとか。

レストラン「絵馬」でも地元の素材を活かした料理を楽しめ、「馬肉ラーメン」、親子丼の食材に最適の地鶏・青森シャモロックを使った「シャモロック親子丼」は人気メニューになっています。

「花き展示館」では、東八甲田ローズカントリーで栽培している「バラ」を観賞できるほか、バラのアレンジや花束も販売。
「鷹山宇一記念美術館」には絵馬館を併設し、良馬育成を祈願して奉納した「南部小絵馬」が展示されています。

トイレの前に2頭並んで立つ馬の銅像は、昭和32年のダービー馬「ヒカルメイジ」と、昭和37年のダービー馬「フエアーウイン」です。
国の登録有形文化財に指定される明治45年築の盛田牧場一号廏舎(南部曲屋育成廏舎)の現存する盛田牧場の産駒で、七戸町の馬産地としての歴史を今に伝えています。

道の駅しちのへ(七戸文化村)
名称 道の駅しちのへ(七戸文化村)/みちのえきしちのへ(しちのへぶんかむら)
所在地 青森県上北郡七戸町荒熊内67-94
関連HP 旅の蔵七戸ネットモール”たびくら”公式ホームページ
電車・バスで JR七戸十和田駅から徒歩5分
ドライブで 上北自動車道七戸ICから約6.5km
駐車場 227台/無料
問い合わせ 道の駅しちのへ(七戸文化村) TEL:0176-62-5777
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
レストラン「絵馬」

お食事処「絵馬」

青森県上北郡七戸町を走る国道4号沿いにある道の駅が道の駅しちのへ(七戸文化村)。東北新幹線・七戸十和田駅から徒歩5分の位置にある便利な道の駅ですが、併設お食事処「絵馬」では、開店時からの「うま馬定食」、そして馬肉ラーメン、シャモロック親子丼

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ