12月14日【今日は何の日?】

12月14日は、ご存知赤穂浪士討ち入りの日。テレビドラマで吉良上野介(きらこうずけのすけ)が悪者のように描かれていますが、居城のあった愛知県西尾市吉良では、名君の誉れ高い大名です。代々木練兵場(現・代々木公園)で「初飛行の日」でもあるのですが、公式の記録としては12月19日になっています。

忠臣蔵の日(赤穂浪士討ち入りの日)

赤穂義士墓地

元禄15年12月14日、赤穂浪士47人が本所の吉良邸に討ち入りし、主君の仇討ちを成し遂げ、討ち入り後に上野介の首を掲げて永代橋を渡り、泉岳寺へ向いました。
前年の元禄14年3月、江戸城本丸・松之廊下で播磨赤穂藩主・浅野内匠頭長矩(あさのたくみのかみながのり)は、幕府の礼式を司る高家筆頭の吉良上野介義央(きらこうずけのすけよしなか)に刀を振りかざすという大失態を演じました。
浅野内匠頭長矩は即日切腹、領地没収という厳しい処置が命じられました。
これに不服だった大石内蔵助(おおいしくらのすけ=大石良雄)率いる47人が本所の堀部安兵衛宅に集まり、そこから吉良邸へ討ち入りました。

ただし戦前、この物語は上司やお上への忠義ということにも利用され、封建社会の道徳の美化にも繋がるという負の側面もありました。
斬殺された吉良上野介義央は、三河国随一の名門の吉良家で、高家旗本・吉良義冬(4200石)と酒井忠勝の姪(忠吉の娘)の嫡男として、江戸鍛冶橋の吉良邸にて生まれています。
領地三河国幡豆郡では、貞享3年(1686年)に築いた黄金堤や富好新田をはじめとする新田開拓などの実績、さらには人柄から「名君」とされており、その後の『忠臣蔵』はかなりの部分がフィクションであることがわかります。

元禄16年2月4日(1703年3月20日)、熊本藩細川家下屋敷(現・大石良雄外十六人忠烈の跡)で赤穂浪士の大石良雄(大石内蔵助)ほか16人が切腹。
大石良雄外十六人忠烈の跡は、現在の都営高輪一丁目アパート内(東京都港区高輪1-15)となります。赤穗浪士たちは、江戸高輪(現・東京都港区高輪2丁目)の泉岳寺(曹洞宗)に葬られ、12月13・14日には『義士祭』が行なわれています。
上の画像は泉岳寺にある赤穂義士墓地です。

『忠臣蔵』の舞台を旅する (4)西尾市にあるゆかりの地へ!

2017.12.09

『忠臣蔵』の舞台を旅する (3)赤穂にあるゆかりの地へ!

2017.12.09

『忠臣蔵』の舞台を旅する (2)東京にあるゆかりの地へ!

2017.12.09

『忠臣蔵』の舞台を旅する (1)事件の概要を知ろう

2017.12.09

12月14日生まれの有名人は?

歌手・錦野旦、歌手・世良公則、タレント・藤崎あや、タレント・高木希世子、経済評論家・勝間和代、タレント・桃井はるこ、アナウンサー・中野美奈子ほか。

12月14日生まれの誕生花は?

松、クローブ(丁字)、クリスマスパレード

南極の日

1911(明治44)年12月14日、ノルウェーの探検家・アムンゼン(Roald Engelbregt Gravning Amundsen=ロアール・アムンセン)がイギリス海軍大佐のロバート・スコットらと初めて南極点に到達しました。

201512150103

幻の「初飛行の日」

明治43年12月14日、代々木練兵場(現・代々木公園)において滑走試験中の日野熊蔵はグラーデ単葉機による「飛行」に成功しました。ただし、機体が浮いただけのジャンプだった可能性もあり、取材の新聞社も『萬朝報』だけが「初飛行」と報じているため、公式には12月19日の徳川好敏大尉が初飛行とされています。

新幹線0系電車引退

昭和39年の東海道新幹線開業用に国鉄が開発した、初代の営業用新幹線電車が0系。飛行機をモデルにした丸みを帯びた流線型の先頭車両で、世界ではじめて200 km/h を超える営業運転を達成しました。平成20年12月14日に「さよなら運転」が行なわれました(ひかり340号/博多8:06発 → 新大阪12:05着)。埼玉県さいたま市大宮区の「鉄道博物館」、名古屋市港区の「リニア・鉄道館」などに静態展示されています。

201512150104
 

明日何の日? 昨日は何の日?

12月15日【今日は何の日?】

2015.12.16

12月13日【今日は何の日?】

2015.11.27

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

関連記事

よく読まれている記事

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

こちらもどうぞ