岩手県五大名城とは!?

岩手県五大名城

岩手県の城跡で、日本100名城に選定されるのが岩手藩の藩庁、盛岡城。そして続日本100名城が、その前身となる九戸城です。これに国の史跡で、蝦夷(蝦夷)対策、東北経営の拠点だった古代城柵の胆沢城(奥州市)、志波城(盛岡市)、徳丹城(紫波郡矢巾町)が岩手県の五大名城といえるでしょう。

盛岡城|日本100名城

所在地:岩手県盛岡市内丸岩手公園
築城年:慶長3年(1598年)
築城者:南部信直
主な城主:歴代盛岡藩主の南部氏
史跡:国の史跡
遺構:石垣、土塁、堀など
備考:鶴ヶ城(若松城)、白河小峰城と並び「東北三名城」のひとつ
岩手公園として整備され、日本の歴史公園100選、日本の都市公園100選にも選定

岩手公園(盛岡城)

盛岡城は、鶴ヶ城(若松城)、白河小峰城と並び「東北三名城」に数えられる盛岡城の城跡を整備した公園。盛岡城は不来方城(こずかたじょう)とも呼ばれ、南部藩20万石の藩庁だった城。現在は岩手公園として整備され、「日本100名城」、「日本の歴史公園

九戸城|続日本100名城

所在地:岩手県二戸市福岡城ノ内
築城年:明応年間(1492年〜1501年)
築城者:九戸氏
主な城主:九戸政実、蒲生氏郷
史跡:国の史跡
遺構:曲輪、石垣、堀、土塁/本丸にある野面(のづら)の古式穴太積み(こしきあのうづみ)の石垣は、蒲生氏郷配下の穴太衆(あのうしゅう)によるものとされ、東北最古
備考九戸城ガイドハウスがあり、4月上旬~11月の間なら九戸城ボランティアガイドが無料でガイドしてくれます

九戸城

九戸城

岩手県二戸市にある中世、南部氏の居城だった平山城の跡が九戸城(くのへじょう)。明応年間(1492年〜1501年)、九戸氏が築城し、南部氏時代は福岡城と呼ばれていましたが、九戸城と通称されています。国の史跡に指定されるほか、続日本100名城に

胆沢城

所在地:岩手県奥州市水沢区佐倉河
築城年:延暦21年(802年)
築城者:坂上田村麻呂
主な城主坂上田村麻呂
史跡:国の史跡
遺構:政庁跡、官衙(かんが)跡など
備考:9世紀初めに鎮守府が国府がある多賀城から胆沢城に移転し、東北経営の中心的な存在に
奥州市埋蔵文化財調査センターに模型を展示

胆沢城

胆沢城

陸奥国胆沢郡胆沢(現・岩手県奥州市)に9世紀初頭に築かれた古代城柵、胆沢城。平安時代に編纂された歴史書『日本紀略』には、802(延暦21)年1月9日に坂上田村麻呂が派遣されて築城されたと記されています。789(延暦8)年に蝦夷の軍事指導者・

志波城

所在地:岩手県盛岡市下太田方八丁
築城年:延暦22年(803
築城者坂上田村麻呂
主な城主坂上田村麻呂
史跡:国の史跡
遺構:外郭櫓門、政庁南門、東門、築地塀などを復元
備考:朝廷への帰属を拒んでいた蝦夷(えみし)を鎮圧統制するのが築城の主目的
造営後約10年で、雫石川の水害を理由に、徳丹城に機能移転
志波城古代公園として整備

志波城跡(志波城古代公園)

志波城跡(志波城古代公園)

岩手県盛岡市にある志波城(しわじょう)は、胆沢地方において蝦夷の首長・アテルイを降伏させた翌年、延暦22年(803年)に征夷大将軍・坂上田村麻呂(さかのうえのたむらまろ)によって造営された古代城柵の跡が志波城跡。発掘調査の成果をもとに遺構を

徳丹城

所在地:岩手県紫波郡矢巾町西徳田第6地割
築城年:弘仁3年(812年)
築城者:文室綿麻呂(ふんやのわたまろ)
主な城主:文室綿麻呂/蝦夷(えみし)討伐の前線基地で東北経営の拠点
史跡:国の史跡
遺構:政庁跡など
備考:隣接する矢巾町歴史民俗資料館に、徳丹城から出土した土器や木製品などを展示

徳丹城

徳丹城

平安時代初期の弘仁3年(812年)頃、大蔵卿・陸奥出羽按察使の文室綿麻呂(ふんやのわたまろ)が蝦夷(えみし)征討の責任者となって現在の岩手県矢巾町(やはばちょう)に築いた古代の城柵が徳丹城(とくたんじょう)。紫波城(現・盛岡市)が水害で機能

岩手県五大名城とは!?
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

日本100名城 東北10城

東北地方の名城は、奈良時代に大和朝廷の北方警備の拠点となった多賀城から、新政府軍と幕府軍(奥羽列藩同盟)の激戦地となった若松城まで、古代から近世までの多様な城があるのが特長です。中世に築かれ八戸氏の拠点となった根城、伊達政宗の居城・仙台城(

日本100名城 「北海道・東北13城」 完全ガイド

北海道・東北には財団法人日本城郭協会が「日本100名城」に選定する城郭が13あります。しかも栄えある「日本100名城」のNo.1は、根室半島チャシ跡群(北海道根室市)。100名城のうち唯一の近世アイヌの築いたチャシです。北海道・東北の13城

青森県三大名城

青森県三大名城とは!?

青森県では弘前藩の藩庁、弘前城、南北朝時代に南朝の拠点として築かれた根城が日本100名城に選定。さらに続日本100名城に、青森市の中世の城館、浪岡城が選定されているので、近世1、中世2の城が青森県三大名城ということに。弘前城|日本100名城

山形県三大名城

山形県三大名城とは!?

山形県内の城郭で日本100名城に選定されるのは、藩政時代に山形藩の藩庁だった山形城。続日本100名城は庄内藩・酒井家の居城、鶴ヶ岡城(鶴岡市)と直江兼続(なおえかねつぐ)築城で米沢藩の藩庁だった米沢城の2城。以上の3城が山形県三大名城という

宮城県三大名城

宮城県三大名城とは!?

宮城県の城郭で日本100名城に選定されるのは奈良時代に築城された古代城跡で陸奥鎮守府の多賀城、近世(藩政時代)の仙台藩の藩庁、仙台城の2城です。さらに続日本100名城に選定される白石城の3城が宮城県三大名城といえる城。藩庁でない白石城は一国

秋田県三大名城

秋田県三大名城とは!?

秋田県下の名城は、日本100名城に選定される久保田藩(秋田藩)の藩庁、久保田城、そして古代の北方防備と出羽国北部の政庁だった古代城柵の秋田城、続日本100名城に選定の男鹿半島にある巨大な山城、脇本城。この3城が秋田県三大名城といえる城です。

福島県五大名城

福島県五大名城とは!?

福島県内で日本100名城に指定されるのは二本松城、若松城、白河小峰城と3城あり、続日本100名城の三春城とともに藩庁にもなった城。そして戦国時代の山城で続日本100名城に選定される向羽黒山城をあわせた5つの城が福島県五大名城といえる城です。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ