松本家住宅

松本家住宅

岐阜県高山市上川原町、益田街道(飛騨川沿いに美濃太田へと通じた尾張街道)沿いに建ち薬種商を営む「原三」商店の店舗兼用住宅だった町家が松本家住宅。現存する建物は、明治8年の大火を奇跡的に免れた江戸時代末期建築で、国の重要文化財に指定されています。無料で見学可能。

江戸時代には薬種商だったという町家

上一之町で、煙草、蝋燭(ろうそく)、練油(ねりあぶら)、金貸業を営んでいた松本家が明治45年に譲り受け、ほとんど手を加えることなく現代まで使用してきた建物です。
2階には中庭に面した茶室も配されています。

小庇、出格子をつける外観は、高山で典型的なスタイル。
高山の町家では最古という文政9年(1826年)築の漬物蔵、嘉永元年(1848年)築の米蔵も残されています。

益田街道(尾張街道)は、ヒノキなど飛騨の木材などを尾張、大坂、江戸に流送(川に流して輸送)するため、飛騨川沿いに付けられた街道(飛騨金山まで18里29町=73.7km)。
監視のために飛騨川両岸に道が付けられ、街道を兼ねて道路整備されていました。
現在の国道41号が益田街道(尾張街道)にあたります。

松本家住宅
名称 松本家住宅/まつもとけじゅうたく
所在地 岐阜県高山市上川原町125
関連HP 高山市公式ホームページ
電車・バスで JR高山駅から徒歩20分
ドライブで 高山清見道路(中部縦貫自動車道)高山ICから約5.5km
駐車場 天満駐車場(104台/有料)
問い合わせ 松本家住宅 TEL:0577-36-5600
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ