酒船石

明日香村の丘の上にある花崗岩の謎の石造物が酒船石。長さ5.5m、幅2.3m、厚さ1mほどの巨岩ですが、岩の上の平な面に皿状の凹みと凹みを結ぶ溝があるため、酒造に用いられた、あるいは薬作りの石とも推測されていますが、誰が、何の目的に造ったのかは今も謎です。

古代の宮殿にあった庭園の施設という可能性が大!

円形、あるいは楕円形の深さ10cmほど凹みは合計6ヶ所。
酒船石というネーミングは、酒造りに使ったという伝承から。

東側の高台に水を引いたと見られる土管や石の樋も見つかっていることから庭園の施設ではないかと考えられるようになっています。

酒船石は東が高くなっていますが、これは地震による傾きで、実際の水は西から東へ流されたと推測され、その構造からは祭祀施設だった可能性も捨てることができません。

丘陵一帯は、現在、「酒船石遺跡」と呼ばれています。

酒船石 DATA

名称 酒船石/さかふねいし
Sakafuneishi (Sake Trough)
所在地 奈良県高市郡明日香村岡
関連HP 明日香村公式ホームページ
明日香村観光ポータルサイト
電車・バスで 近鉄橿原神宮前駅東口、または飛鳥駅から奈良交通明日香周遊バスで、万葉文化館西口下車すぐ
ドライブで 南阪奈道路葛城ICから約14km
駐車場 なし
問い合わせ 明日香村地域振興公社TEL:0744-54-4577
掲載の内容は取材時のものです、最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ