道の駅土岐美濃焼街道どんぶり会館

道の駅土岐美濃焼街道どんぶり会館

岐阜県土岐市肥田町、岐阜県道66号(多治見恵那線)沿い、陶史の森近くにあるの道の駅が、道の駅土岐美濃焼街道どんぶり会館。美濃焼の産地らしく、どんぶりをかたどったユニークなフォルムの建物が印象的。美濃焼の直売所、展示コーナーがあるほか、陶芸教室も実施されています。

どんぶりが日本の食文化の原点であることを発信

道の駅土岐美濃焼街道どんぶり会館

メイン施設がどんぶり型なのは、土岐市が全国有数のどんぶり産地であることに由来。
「美濃焼文化が満喫できる道の駅」とPRされていますが、美濃焼展示販売コーナーでは、土岐市内の窯元100社以上の美濃焼製品が産地価格(市価の3~4割引き)で販売され、「窯元だからこその、買い得」とのこと。

日常使いの食器、掘り出しもの、作家もの(一点もの)など、まさに窯元のアンテナショップになっているのです。

陶芸体験は、予約制の電動ろくろ教室と、随時開催の手びねり・絵付け教室を用意。

レストランでは、かつて窯職人が座る暇さえ惜しみ胃袋へかけこませた「味ごはん」が窯暮れ定食として味わえるほか、美濃焼のどんぶりに入った「どんぶりソフトクリーム」も用意しています。
農産物直売所では地元の朝採れ野菜などを販売。
全国「道の駅」産品交流コーナーでは、交流のある道の駅の特産品を購入可能。

木曽路の入口的な場所に位置するため、屋上の展望台からは、御岳山(おんたけさん)や中央アルプス、遠く白山まで見渡すことができます。

画像協力/岐阜県観光連盟

道の駅土岐美濃焼街道どんぶり会館
屋上からの中央アルプス方面の眺め
道の駅土岐美濃焼街道どんぶり会館
名称 道の駅土岐美濃焼街道どんぶり会館/みちのえきときみのやきかいどうどんぶりかいかん
所在地 岐阜市土岐市肥田町肥田286-15
関連HP 道の駅土岐美濃焼街道どんぶり会館公式ホームページ
ドライブで 中央自動車道土岐ICから約7km。または、東海環状自動車道土岐南多治見ICから約8km
駐車場 53台/無料
問い合わせ 道の駅土岐美濃焼街道どんぶり会館 TEL:0572-59-5611/FAX:0572-59-2850
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
土岐市美濃焼伝統産業会館

土岐市美濃焼伝統産業会館

美濃焼発祥の地として知られる岐阜県土岐市久尻(くじり)に建つ美濃焼の継承、保護、育成を図る施設が土岐市美濃焼伝統産業会館。久尻地区はまさに陶芸の里で、土岐市美濃焼産業会館周辺には、美濃窯最古の連房式登窯・久尻元屋敷窯跡(国の史跡)など古窯跡

織部の里公園

織部の里公園

岐阜県土岐市にある美濃窯最古の連房式登窯、元屋敷窯を中心として、美濃焼(陶器)を学ぶことのできる公園が織部の里公園。安土桃山時代、現在の土岐市を中心とした東美濃は日本最大の焼物産地でした。公園内には国の史跡となった元屋敷陶器窯跡、出土した遺

美濃陶磁歴史館

美濃陶磁歴史館

岐阜県土岐市、美濃桃山陶の名品を焼いた窯として知られる国指定史跡・元屋敷陶器窯跡から出土した志野や織部などの桃山陶(国の重要文化財)を中心に、美濃焼の歴史を物語る数々の焼き物を展示したミュージアムが、美濃陶磁歴史館。市内の主要古窯からの出土

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

おすすめ

よく読まれている記事

こちらもどうぞ