長良川鉄道・北濃駅転車台

長良川鉄道・北濃駅転車台

岐阜県郡上市白鳥町、長良川鉄道(美濃太田〜北濃/72.1 km)の終着駅が北濃駅。昭和9年8月16日、国有鉄道越美南線として開業した駅で、御母衣ダム建設時には資材輸送の拠点にもなりました。駅構内北側には、明治35年、アメリカンブリッジ製造という日本最古級の転車台が現存しています。

日本で2番目に古い転車台はニューヨークで製造

蒸気機関車は方向が決まっているので、終着駅でこれを転回させる必要がありました。
そのために設けられたのが転車台です。
明治35年、アメリカンブリッジ(American Bridge Company)製造の転車台(Turntable)は、当初、岐阜駅に設置されていましたが、昭和9年、越美南線開業時に北濃駅に移設。
直径15.4mの円形で、深さ0.96m。
機関車の載った橋桁(鋼製上路式)を2人で押して回転させる手動式で、国の登録有形文化財。

現存する製造所が判明する日本最古といわれる転車台は、大井川鐵道の千頭駅転車台で、明治30年のイギリスのRansomes & Rapier社製(昭和55年に新潟県の国鉄赤谷線・東赤谷駅から大井川鐵道へ移設)。

長良川鉄道・北濃駅転車台
名称 長良川鉄道・北濃駅転車台/ながらがわてつどう・ほくのうえきてんしゃだい
所在地 岐阜県郡上市白鳥町歩岐島
関連HP 長良川鉄道公式ホームページ
電車・バスで 長良川鉄道北濃駅からすぐ
ドライブで 東海北陸自動車道白鳥ICから約8km
駐車場 10台/無料
問い合わせ 長良川鉄道 TEL:0575-23-3921
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
千頭駅転車台

千頭駅転車台

静岡県榛原郡川根本町千頭にある大井川鐵道大井川本線の終着駅が千頭駅(せんずえき)。井川線(いかわせん=南アルプスあぷとライン)の乗換駅になっていますが、SL急行「かわね路号」や特急「きかんしゃトーマス号」など、新金谷駅始発のSL列車の終着駅

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ