浅間牧場遊歩道

浅間牧場遊歩道

群馬県長野原町、浅間山麓の雄大な高原を活かした総面積798haという広大な浅間牧場(浅間家畜育成牧場)の牧草地を横切る散策路が浅間牧場遊歩道。途中には「丘を越えて」歌碑(起点から徒歩8分)、標高1343.8mの天丸山展望台(2.1km徒歩45分)もあり、浅間牧場白糸の滝ハイキングコースの一部にもなっています。

浅間牧場白糸の滝ハイキングコースの一部

浅間牧場遊歩道
牧場内の管理道路を歩く

そのまま歩いて太平洋クラブ軽井沢コースを左に見て県境を越え、白糸の滝近くに下るルート「浅間牧場白糸の滝ハイキングコース」(5.2km2時間)もありますが要所には道標があるものの、うっかりすると道に迷う心配もあるので、天丸山展望台往復が無難。

最近はMTBコースとして、或いはノルディックウオーキングコースとしても注目を集めています。

コース途中にあるコンクリート製の緊急退避所は、浅間山の火山活動による噴石を避けるための緊急避難所で、群馬県が設置したもの。

広大な浅間牧場は、昭和27年公開の日本初の総天然色映画『カルメン故郷に帰る』(監督:木下恵介、主演:高峰秀子)のロケ地。
東京でストリッパー「カルメン」(高峰秀子)として成功した娘は、実は北軽井沢の牧場の出身という設定。
浅間牧場とともに当時、軽井沢と草津温泉を結んでいた軽便鉄道の草軽電気鉄道も登場しています。

さらに昭和6年、藤山一郎が歌って大ヒットした古賀メロディーの『丘を越えて』は、浅間牧場がモチーフ。
もともと「ピクニック」という明治大学マンドリン倶楽部のマンドリン合奏曲として古賀政男が作曲(昭和5年初演)。
それに島田芳文(しまだよしふみ)が自身の山荘近くにあった浅間牧場の風景を描いて詞を書き上げたものです。

浅間牧場遊歩道
浅間山を眺めながら牧場をハイキング
名称 浅間牧場遊歩道/あさまぼくじょうゆうほどう
所在地 群馬県吾妻郡長野原町北軽井沢2032-23
関連HP 浅間牧場パンフレット
ドライブで 上信越自動車道碓氷軽井沢ICから約28km
駐車場 第1駐車場(30台)・第2駐車所(19台)/無料
問い合わせ 群馬県浅間家畜育成牧場 TEL:0279-84-2074/FAX:0279-84-4344
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
浅間牧場

浅間牧場

浅間山を眺望する北軽井沢(群馬県長野原町)の標高1300m内外に広がる総面積約798haという本州屈指の広大な育成牧場が浅間牧場(正式名は群馬県営の浅間家畜育成牧場)。明治16年、北白川宮能久親王(きたしらかわのみやよしひしんのう)が馬の放

避暑地軽井沢のクールゾーンへ(1) 白糸の滝

長野県内の測候所のある場所(つまりは人の住む場所)で、夏場の気温がもっとも低いのが「避暑地」の代名詞でもある軽井沢です。そのなかで、明治、大正時代に軽井沢を避暑地として見出した外国人宣教師らがピクニックに出かけた場所が、白糸の滝。白糸ハイラ

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ