岩櫃城

岩櫃城

群馬県吾妻郡東吾妻町(ひがしあがつままち)、吾妻川(あがつまがわ)北岸の岩峰、岩櫃山(いわびつやま)中腹に築かれた山城が岩櫃城。築城者は不詳ですが、戦国時代には長尾景虎(上杉謙信)、武田信玄に臣従する真田昌幸などの攻防の地となった城。続日本100名城にも選定されています。

岩峰の中腹に難攻不落の真田の名城が!

戦国時代、吾妻氏の子孫と称する斉藤憲次が、主君の大野憲直を討ち、岩櫃城を奪取し、吾妻地方を領有。
その後、永禄3年(1560年)、長尾景虎(上杉謙信)が関東侵攻の際、岩櫃城を攻め落としたともいわれますが、斉藤氏の手に戻り、その後、真田氏の侵略を受け、永禄6年(1563年)、越後に逃れています。

現存する城郭を整備したのは、武田信玄配下の真田昌幸(さなだまさゆき)で、沼田城(現・沼田市)・名胡桃城(みなかみ町)と、信濃国の上田城(長野県上田市)とを繋ぐ街道の拠点として大改造を行なっています。
中心となる主郭から、放射状に壕が整備される特殊な構造で、広い城郭内を上田とを結ぶ街道が通じています。

信玄没後の、天正10年(1582年)、主君である武田勝頼が織田信長・徳川家康連合軍に三河・長篠(長篠の戦い)で敗れ、新府城を焼き払って逃走する際、真田昌幸は武田勝頼を真田方の領地から岩櫃城へ迎え入れて武田家の巻き返しを図ろうとしています。
これも叶わず、岩殿山城に落ち延びようとして、岩殿山城主・小山田信茂(おやまだのぶしげ)の離反により武田勝頼は天目山で自刃し、武田氏は滅亡しています。

その後、真田昌幸は岩櫃城を嫡男・真田信之(さなだのぶゆき/後に信濃上田藩の初代藩主)に委ねますが、天正17年(1589年)、徳川家康とも和睦が成立し、徳川政権下、大坂の陣のあった慶長19年(1614年)に岩櫃城を破却しています。

大河ドラマ『真田丸』で注目され、登城口に「岩櫃山平沢登山口観光案内所」が設置されています。
岩櫃山という岩峰全体を城としているため、まさに天然の要害で、甲斐の岩殿山城、駿河の久能城と並び武田の三堅城とされています。
東側の防御に重点を置いているのは、上杉、北条の城攻めを意識して。
「岩櫃山平沢登山口観光案内所」から本郭までは徒歩30分。

岩櫃山(802.8m)は、地質的には600万年前(新生代新第三紀中新世末期)に活動した吾妻古火山が浸食された岩峰で、南面の200mにもおよぶ絶壁は大迫力。
この地形を巧みに活かして様々な仕掛けで防御した、まさに真田丸の原点ともいえる城が岩櫃城です。

岩櫃城
開催日時 沼田城、名胡桃城、上田城と相互リンクをお願いします
名称 岩櫃城/いわびつじょう
所在地 群馬県吾妻郡東吾妻町原町
関連HP 東吾妻町観光協会公式ホームページ
電車・バスで JR群馬原町駅からタクシーで7分、または、徒歩40分
ドライブで 関越自動車道渋川伊香保ICから約26km
駐車場 岩櫃山平沢登山口駐車場(50台/無料)
問い合わせ 東吾妻町まちづくり推進課 TEL:0279-68-2111
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
沼田城(沼田公園)

沼田城(沼田公園)

北関東の要衝、沼田(現・群馬県沼田市)に中世に築かれた城。戦国時代には上杉、後北条、武田の争奪戦が展開し、本能寺の変後は真田信幸が支配し、江戸時代には沼田藩の藩庁が置かれました。城跡は沼田公園として整備され、「日本の歴史公園100選」にも選

名胡桃城

名胡桃城

群馬県利根郡みなかみ町にある中世の山城が、名胡桃城(なぐるみじょう)。利根川上流の断崖を利用した要害の城で川を挟んで明徳寺城(みょうとくじじょう)があります。戦国時代に真田昌幸(さなだまさゆき)が沼田城の攻略拠点として築いています。続日本1

上田城(上田城跡公園)

1583(天正11)年、真田昌幸が築城した上田城。現在の城郭は真田氏の次に上田藩主となった仙石忠政によって江戸時代初期に復興されたもの。城跡は現在、ケヤキ並木が囲む「上田城跡公園」として整備されています。関ヶ原合戦の際に、徳川秀忠率いる大軍

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ