音水渓谷

音水渓谷

兵庫県宍粟市(しそうし)波賀町、引原ダムのダム湖である音水湖(おんずいこ)を中心に広がる美しい渓谷が音水渓谷。音水川の源流部には「宍栗杉」と呼ばれる杉の天然林が48haにわたって広がり、林木遺伝資源保存林に指定されています。林野庁の「水源の森百選」や「ひょうごの森百選」にも選定。

「水源の森百選」にも選定の渓谷

音水渓谷

周辺はたたたら製鉄が盛んで、製鉄用に胸高直径15cm以下の若い広葉樹を切り出したため、杉の育成が促進され美しい杉林と広葉樹の混淆林(針葉樹が7割を占める)が誕生(渓谷入口には製鉄時代の守り神、金山神社も鎮座)。

氷ノ山後山那岐山国定公園に指定される渓谷には、音水川の清らかな流れに沿って林道が設けられ、谷の奥深くまで車で到達できます。
森のなかに水音を響かせる明神滝は落差12mと規模は大きくないものの、周囲の緑に二筋になって落ちる瀑布が美しく映えます。
渓谷入口から明神滝までは2kmほどありますが、林道からは100mほどの距離。

春の新緑と秋の紅葉は兵庫県下随一といわれる見事なもの。
紅葉の見頃は例年10月下旬~11月上旬。

なお、冬季は積雪のため入山不可となり、グリーンシーズンでも落石により林道の通行が不能の時もあるので注意が必要。
渓谷には昭和43年まで波賀森林鉄道(大正11年開通)が走っており、往時には高低差210mのインクライン(傾斜鉄道)などもあり、木材搬出に活躍していました(廃線跡はサイクリングロード、遊歩道に転用)。

音水渓谷
名称 音水渓谷/おんずいけいこく
所在地 兵庫県宍粟市波賀町音水
関連HP しそう観光協会公式ホームページ
電車・バスで JR姫路駅から神姫バス山崎行きで山崎下車、戸倉行きに乗り換えて1時間、音水口下車
ドライブで 中国自動車道山崎ICから約32kmで音水口
駐車場 明神滝入口の林道脇の駐車スペースを利用
問い合わせ しそう観光協会 TEL:0790-64-0077/FAX:0790-64-5011
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ