JR福知山線廃線敷・北山第二トンネル

JR福知山線廃線敷・北山第二トンネル

兵庫県西宮市、JR福知山線の複線化の弊害になった武庫川渓谷沿いの路線(生瀬駅〜武田尾駅)をトンネル化し、廃線にしたことで、渓谷沿いに続く4.7kmの廃線跡がJR福知山線廃線敷として平成28年に開放。生瀬駅側から歩いて、2番目のトンネルが北山第二トンネルです。

JR福知山線廃線敷で最長のトンネル

明治32年1月25日、阪鶴鉄道の有馬口駅(生瀬駅)〜三田駅間が開通していますが、開通時に掘削された隧道(トンネル)が北山第二トンネル(北山第二隧道)です。

当初の全長は397mでしたが、昭和31年に落石防護のため生瀬側に16m延長され413mに(JR福知山線廃線敷では最長)。
内部の側壁は野石乱積み、アーチ部分は4段のレンガ長手積みで、生瀬側の坑門は、鉄筋コンクリート製になっています。

トンネルを抜けたところに待避禁止標(禁止区間413m)が設置されていますが、トンネル内には保線員などの退避場所がないことを示しています(トンネルの周辺に退避場所が設置されています)。

照明はなく、足元を照らす懐中電灯、ヘッドライトが必要です。
また、落石などの危険もありますが、自己責任で通行となっています。

JR福知山線廃線敷・北山第二トンネル
名称 JR福知山線廃線敷・北山第二トンネル/じぇいあーるふくちやませんはいせんじき・きたやまだいにとんねる
所在地 兵庫県西宮市塩瀬町
関連HP にしのみや観光協会公式ホームページ
電車・バスで JR生瀬駅・西宮名塩駅から徒歩15分、武田尾駅から徒歩8分で廃線敷入口
駐車場 なし
問い合わせ 西宮観光協会 TEL:0798-31-7821/FAX:0798-31-7820
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
JR福知山線廃線敷・溝滝尾トンネル

JR福知山線廃線敷・溝滝尾トンネル

兵庫県西宮市、JR福知山線の複線化の弊害になった武庫川渓谷沿いの路線(生瀬駅〜武田尾駅)をトンネル化し、廃線にしたことで、渓谷沿いに続く4.7kmの廃線跡がJR福知山線廃線敷として平成28年に開放。旧線に12ヶ所あったトンネルのひとつが溝滝

JR福知山線廃線敷・第二武庫川橋梁

JR福知山線廃線敷・第二武庫川橋梁

兵庫県西宮市、JR福知山線の複線化の弊害になった武庫川渓谷沿いの路線(生瀬駅〜武田尾駅)をトンネル化し、廃線にしたことで、渓谷沿いに続く4.7kmの廃線跡がJR福知山線廃線敷として平成28年に開放。旧線にあった唯一のトラス橋が、第二武庫川橋

JR福知山線廃線敷・北山第一トンネル

JR福知山線廃線敷・北山第一トンネル

兵庫県西宮市、JR福知山線の複線化の弊害になった武庫川渓谷沿いの路線(生瀬駅〜武田尾駅)をトンネル化し、廃線にしたことで、渓谷沿いに続く4.7kmの廃線跡がJR福知山線廃線敷として平成28年に開放。生瀬駅側から歩いて、最初のトンネルが北山第

JR福知山線廃線敷・長尾山第一トンネル

兵庫県西宮市、JR福知山線の複線化の弊害になった武庫川渓谷沿いの路線(生瀬駅〜武田尾駅)をトンネル化し、廃線にしたことで、渓谷沿いに続く4.7kmの廃線跡がJR福知山線廃線敷として平成28年に開放。生瀬駅側から歩いて、4番め、第二武庫川橋梁

JR福知山線廃線敷・長尾山第二トンネル

JR福知山線廃線敷・長尾山第二トンネル

兵庫県西宮市、JR福知山線の複線化の弊害になった武庫川渓谷沿いの路線(生瀬駅〜武田尾駅)をトンネル化し、廃線にしたことで、渓谷沿いに続く4.7kmの廃線跡がJR福知山線廃線敷として平成28年に開放。生瀬駅側から歩いて、親水広場の先、5番めの

JR福知山線廃線敷・長尾山第三トンネル

JR福知山線廃線敷・長尾山第三トンネル

兵庫県西宮市、JR福知山線の複線化の弊害になった武庫川渓谷沿いの路線(生瀬駅〜武田尾駅)をトンネル化し、廃線にしたことで、渓谷沿いに続く4.7kmの廃線跡がJR福知山線廃線敷として平成28年に開放。生瀬駅側から歩いて、6番め、最後のトンネル

JR福知山線廃線敷

JR福知山線廃線敷

兵庫県西宮市、JR福知山線の複線化の弊害になった武庫川渓谷沿いの路線(生瀬駅〜武田尾駅)をトンネル化し、廃線にしたことで、渓谷沿いに続く4.7kmの廃線跡がJR福知山線廃線敷として平成28年に開放。自己責任ということになっていますが、比較的

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

アバター画像

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

おすすめ

よく読まれている記事

こちらもどうぞ