クロフォード公園(三笠鉄道村三笠ゾーン)

クロフォード公園 (三笠鉄道村三笠ゾーン)

北海道三笠市本町、幾春別川沿いに広がる公園が、クロフォード公園。三笠鉄道記念館の分館的存在(三笠鉄道村三笠ゾーン)の鉄道公園で、旧幌内線三笠駅(幌内太駅)跡を整備し、外観の雰囲気を復元した幌内太駅を中心にキハ82、DD51などの保存車両を配置しています。

国鉄キハ82系特急気動車、6両編成を見学!

クロフォード公園 (三笠鉄道村三笠ゾーン)
先頭がキハ82 100ですが、残念ながらヘッドマークはありません

幌内線三笠駅は、幌内炭鉱から札幌を経由し、石炭積出港の小樽港まで石炭を運ぶ目的で敷設された北海道内最初の鉄道・官営幌内鉄道の駅として、明治15年11月13日に開業した幌内太駅(ほろないぶとえき)が前身。
昭和19年4月1日、三笠駅に改称し、昭和62年4月1日にJR北海道に継承されたものの、7月13日に幌内線の廃止で廃駅となっています。

往時の跨線橋とプラットホームは現存。
キハ82の編成(キハ82 87, キハ82 100, キハ80 145, キハ80 150, キロ80 52, キシ80 27)、北海道開道百年式典に際しての天皇・皇后行幸啓時のお召し列車を牽引したDD51 548、バラスト運搬用ホッパ車のホキ746、穀物運搬用ホッパ車のホキ2341、ヨ8006(車掌車)を静態保存。

人気はやはり、国鉄キハ80系気動車、キハ82。
昭和40年代に特急「やまばと」、特急「北海」などに投入された「白鳥型」の名でも知られる特急気動車で、「非電化幹線の女王」と呼ばれた存在。
キシ80は、今では特急から消えてしまった食堂車です。

クロフォード公園から2.5kmの区間を整備して、三笠トロッコ鉄道も営業し、トロッコ展望列車が運転されています(幌内太駅舎で受付)。

クロフォード公園(三笠鉄道村三笠ゾーン)
名称 クロフォード公園(三笠鉄道村三笠ゾーン)/くろふぉーどこうえん(みかさてつどうむらみさかぞーん)
所在地 北海道三笠市本町971-1
関連HP 三笠鉄道村公式ホームページ
ドライブで 道央自動車道三笠ICから約4.5km
駐車場 あり/無料
問い合わせ 三笠鉄道村 TEL:01267-3-1123/FAX:01267-2-6965
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

おすすめ

よく読まれている記事

こちらもどうぞ