鶴ヶ城・『荒城の月』歌碑

鶴ヶ城・『荒城の月』歌碑

福島県会津若松市、会津藩の藩庁で、幕末の戊辰戦争の舞台となった鶴ヶ城。鶴ヶ城本丸跡、茶室麟閣の南に立つのが『荒城の月』歌碑。瀧廉太郎の作曲で有名な『荒城の月』は、仙台出身の詩人、土井晩翠の作詞で、仙台城(青葉城)、会津若松の鶴ヶ城をイメージして作詞したともいわれています。

土井晩翠自身が荒城の月は、鶴ヶ城がモデルと告白

土井晩翠は、明治33年、故郷仙台に戻り、母校・第二高等学校の教授に就任。
明治34年、『荒城の月』を収録した東京音楽学校編『中学唱歌集』が刊行され、唱歌用の作詩を委嘱された土井晩翠は、仙台城、鶴ヶ城を念頭に詩を創作されたというのが定説。

土井晩翠自身も、「この題を与えられて、まず第一に思い出したのは会津若松の鶴ヶ城であった」(『荒城の月 土井晩翠と滝廉太郎』に記載)と回想しています。
昭和21年、会津高等女学校(現・葵高等学校)で講演の際に、旧制第二高等中学校の修学旅行で訪れた鶴ヶ城のイメージで作詞したことを明らかにし、急遽、歌碑の建立となって、昭和22年6月5日に土井晩翠夫妻を招いて除幕式が行なわれたという、まさに正当性のある歌碑が、鶴ヶ城の『荒城の月』歌碑ということに。

戊辰戦争では、奥羽越列藩同盟の盟主に担がれたのが仙台藩で、土井晩翠は祖父や父母から、鶴ヶ城落城の経過を聞かされながら育ったのです。
故郷の仙台城、修学旅行で訪れた鶴ヶ城などの古城のイメージを重ねているのでしょうが、やはり重要なウエイトを占めたのは、祖父た父母からも聞かされた鶴ヶ城だということに。

荒城の月 歌詞

春高楼(こうろう)の花の宴(えん)
めぐる盃(さかずき)かげさして
千代の松が枝えわけいでし
むかしの光いまいずこ

秋陣営の霜の色
鳴きゆく雁(かり)の数見せて
植うるつるぎに照りそいし
むかしの光いまいずこ

いま荒城のよわの月
替わらぬ光たがためぞ
垣に残るはただかづら
松に歌うはただあらし

天上影は替わらねど
栄枯(えいこ)は移る世の姿
写さんとてか今もなお
嗚呼荒城のよわの月

鶴ヶ城・『荒城の月』歌碑
名称 鶴ヶ城・『荒城の月』歌碑/つるがじょう・『こうじょうのつき』かひ
所在地 福島県会津若松市追手町1-1
関連HP 会津若松観光ビューロー公式ホームページ
電車・バスで JR会津若松駅から会津乗合自動車バス鶴ヶ城経由飯盛山行きで15分、鶴ヶ城北口下車、徒歩5分
ドライブで 磐越自動車道会津若松ICから約6km
駐車場 西出丸駐車場(200台/有料)、東口駐車場(129台/有料)、南口駐車場(35台/有料)
問い合わせ 鶴ヶ城管理事務所 TEL:0242-27-4005/FAX:0242-27-4012
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
仙台城本丸跡・『荒城の月』歌碑

仙台城本丸跡・『荒城の月』歌碑

宮城県仙台市青葉区、伊達政宗の騎馬像で有名な仙台城本丸跡ですが、騎馬像近くにあるのが『荒城の月』歌碑と土井晩翠(どいばんすい)の胸像。瀧廉太郎の作曲で有名な『荒城の月』は、仙台出身の詩人、土井晩翠の作詞で、仙台城(青葉城)、会津若松の鶴ヶ城

鶴ヶ城公園(若松城)

会津のシンボルともいえる鶴ヶ城(若松城)。本丸、二の丸、三の丸、北出丸、西出丸があり、本丸跡に鉄筋コンクリート造りの天守が再建され、内部は郷土博物館に。本丸、二の丸一帯は国の史跡となり、鶴ヶ城公園として整備されています。「日本100名城」、

岡城・滝廉太郎銅像

岡城・滝廉太郎銅像

大分県竹田市竹田、岡城の二の丸跡に立つのが、滝廉太郎銅像。作曲家・滝廉太郎(瀧廉太郎)は、土井晩翠作詞の『荒城の月』の作曲で有名。旧制中学校唱歌の懸賞募集の作品で、岡城をイメージして作曲したといわれ、銅像は、滝廉太郎と同窓で4歳年下の朝倉文

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

おすすめ

よく読まれている記事

こちらもどうぞ