日本一タワー好きの県民は茨城県民! 茨城のタワー11塔 完全ガイド

茨城のタワー11塔

日本でいちばんタワー好きな県民は、何県だろうと調査したところ、新潟県などを抑えてトップに躍り出たのが茨城県。なにせ、ビール工場の工場見学後の試飲室も展望塔、さらに公園のアスレチック施設までタワーという県民性です。番外で紹介する牛久大仏も、実は展望塔としても利用できるので、まさに日本一は茨城県!

大洗マリンタワー/大洗町

所在地:茨城県東茨城郡大洗町港中央10
高さ:59.9m(展望室は地上50m)
眺望:大洗フェリーターミナルを眼下に、筑波山、日光連山から遠く富士山まで眺望という大パノラマ
備考:展望喫茶室のみの利用なら入館無料

大洗マリンタワー

大洗港の中央部に位置する高さ59.9mの展望塔が大洗マリンタワー。地上55mの展望室からは大洗港や商船三井フェリーの苫小牧へと出航する大洗フェリーターミナルを眼下に、筑波山、日光連山から遠く富士山まで眺望という大パノラマを得ることができます

港公園展望塔/神栖市

所在地:茨城県神栖市東深芝10
高さ:52m
眺望:掘込港(鹿島港)を中心として北側に日本製鉄鹿島製鉄所(旧住友金属鹿島製鉄所)、南側に東京電力鹿島火力発電所・鹿島石油の石油プラント群など鹿島臨海工業地帯の大工場群をジオラマのように眺望、快晴の日には富士山まで
備考:毎年1月1日には6:00から営業が開始され、先着30名に限り展望台からの初日の出を見ることが可能

港公園展望塔

港公園展望塔

茨城県神栖市(かみすし)、鹿島港・鹿島臨海工業地帯に臨む港公園に建つ高さ52mの展望タワー。展望台には室内展望室と最上部の屋外デッキが用意され、日本最大の掘り込み式港湾・鹿島港に築かれた鹿島臨海工業地帯を一望にします。エレベーターで展望階に

アサヒビール茨城工場(アイムタワー)/守谷市

所在地:茨城県守谷市緑1-1-1
高さ:60m
眺望:関東平野を一望に、筑波山はもちろんのこと、晴れていると、東京スカイツリーまで眺望
備考:工場見学後の試飲室が展望台という異色のタワー

アサヒビール茨城工場(アイムタワー)

アサヒビール茨城工場(アイムタワー)

茨城県守谷市にあるアサヒビールの工場で、工場見学が可能(電話予約またはインターネット予約が必要)。工場見学後には、地上30mのスカイロードで地上60mのアイムタワー(試飲会場)に上り、関東平野を眺めながらできたての生ビールを味わえうことがで

大野潮騒はまなす公園宇宙展望塔/鹿嶋市

所在地:茨城県鹿嶋市角折2096-1
高さ:60m(展望室は55m)
眺望:鹿島灘周辺を一望に
備考:ハマナス自生の太平洋側南限地帯にある展望塔

大野潮騒はまなす公園宇宙展望塔

大野潮騒はまなす公園宇宙展望塔

茨城県鹿嶋市を走る国道51号沿いにある大野潮騒はまなす公園。一帯はハマナス自生の太平洋側南限地帯で、その名の通り5月中旬から6月に1500株のハマナス咲きます。その公園のシンボルタワーが宇宙展望塔。最高点で標高29.3mという丘陵にあり、塔

水戸芸術館 塔(ART TOWER MITO) /水戸市

所在地:茨城県水戸市五軒町1-6-8
高さ:99.4736m(展望室は86.4m)
眺望:水戸市街を一望に(日没時刻が遅い夏以外は、日没から夜景へと変化する景色も眺望)
備考水戸芸術館のシンボルタワーで磯崎新(いそざきあらた)の設計

水戸芸術館 塔(ART TOWER MITO)

水戸芸術館 塔(ART TOWER MITO)

茨城県水戸市、水戸芸術館(平成2年開館)にのシンボルとして建てられた高さ100m(99.4736m)の塔が水戸芸術館塔(ART TOWER MITO)。水戸市制100周年(平成元年)を記念して地上100mの高さになっています。一見するとモニ

三王山自然公園(展望塔)/常陸大宮市

所在地:茨城県常陸大宮市秋田
高さ:18m(標高250mの山上)
眺望:日光連山、那須連山、磐梯朝日連峰、さらに快晴なら遠く富士山まで眺望
備考:雲海の展望台としても注目されています

三王山自然公園(展望塔)

三王山自然公園(大展望塔)

茨城県常陸大宮市を流れる那珂川の北、標高252.8mの三王山一帯に広がる自然公園。その山頂に建つのが展望塔。地上18mの大展望塔に階段で上れば、日光連山、那須連山、磐梯朝日連峰、さらに快晴なら遠く富士山まで眺望できる絶景の地です。国道123

花立自然公園(アスレタワー)/常陸大宮市

所在地:茨城県常陸大宮市高部4611-1
高さ:20m(標高300mほどの尾根上に立地)
眺望:快晴の日には富士山まで眺望
備考:アスレチックの大型判(スペースアスレランド)が展望塔に

花立自然公園(アスレタワー)

花立自然公園(アスレタワー)

茨城県常陸大宮市を南北に走る国道293号の花立トンネル上の稜線に広がる花立自然公園。標高300m内外の尾根を生かした公園で、そのシンボルタワーがアスレタワー。アスレチックの大型判(スペースアスレランド)で展望台を兼ねたタワーになったもの。頑

辰ノ口親水公園(展望台)/常陸大宮市

所在地:茨城県常陸大宮市辰ノ口1339-2
高さ:29m(久慈川との比高60mほどの高台に立地)
眺望:久慈川を眼下に
備考:公園内の「そば処しんすい庵」では常陸大宮産の玄そばを自家製粉した手打ちそばを味わうことができるほか、そば打ち体験も実施

辰ノ口親水公園(展望台)

辰ノ口親水公園(展望台)

茨城県常陸大宮市を流れる久慈川の辰ノロ堰周辺に築かれた公園が辰ノ口親水公園。公園内には、展望台やモトクロス用の自転車コースや遊具施設が揃ったトリム広場、自然観察路などが整備。あじさい園、桜づつみなどにソメイヨシノ、センダイヤ、バラなどが植栽

松見公園展望塔/つくば市

所在地:茨城県つくば市天久保1-4
高さ:44.4m
眺望:つくば市街はもちろん、筑波山を一望
備考:つくば市街の中心にある展望塔(松見タワー)で、菊竹清訓(きくたけきよのり)の設計
屋上はオープンエアになっています

松見公園展望塔

松見公園展望塔

松見公園は、茨城県つくば市街の中心、つくばメディカルセンター病院の南に位置する3.8haの都市公園。中央に日本庭園の池が配されていますが池に突き出すようにして建てられているのが松見公園展望塔(松見タワー)。巨大な栓抜き(せんぬき)という風体

北山公園展望塔/笠間市

所在地:茨城県笠間市平町1416-1
高さ:23m(標高110mの高台に立地)
眺望:友部市街、水戸市街、日光連山、遠くは太平洋までを一望に。とくに東側は太平洋まで遮るもののないパノラマ
備考:展望塔の基部から新池にかけての斜面には全長161mのローラー滑り台を設置

北山公園展望塔

北山公園展望塔

茨城県笠間市、友部市街の西北、標高50~100mの丘陵地帯に広がる北山公園。その最北端に建つのが高さ23mの北山公園展望塔。最上階には望遠鏡が2台設置され、晴れた日には友部市街、水戸市街、日光連山、遠くは太平洋までを一望にできます。展望塔の

霞ヶ浦ふれあいランド・虹の塔/行方市

所在地:茨城県行方市玉造甲1234
高さ:60m
眺望:眼下に霞ヶ浦大橋、さらに霞ヶ浦を一望に。筑波山はもちろん、晴れた日には牛久大仏の後ろ姿や、東京スカイツリー、富士山まで眺望
備考:1月上旬には富士山頂に太陽が沈むダイヤモンド富士を眺めることができます

霞ヶ浦ふれあいランド・虹の塔

霞ヶ浦ふれあいランド・虹の塔

茨城県行方市(なめがたし)、霞ヶ浦の湖畔にある霞ヶ浦ふれあいランドのシンボルタワーが虹の塔。虹の塔2階は「玉のミュージアム」になっていますが2階からエレベーターで展望室に上る仕組み。高さ60m、霞ヶ浦の湖畔に建ち周囲には遮る物がないため、展

番外編

茨城県庁展望ロビー/水戸市

所在地:茨城県水戸市笠原町978-6
高さ:116m(展望ロビーは25階で地上100m)
眺望:水戸市街を一望に。夜は水戸市内や大洗方面の夜景を眺望
備考:元旦には初日の出に対応し、早朝から開館

茨城県庁展望ロビー

茨城県庁展望ロビー

茨城県水戸市笠原町にある地上25階、地下2階、高さ116mの茨城県庁。茨城県庁25階には展望ロビーがあり、地上100mの高さから水戸市街を一望にできます。夜は水戸市内や大洗方面の夜景を眺望。茨城県庁へは、JR水戸駅南口・JR赤塚駅南口からシ

牛久大仏/牛久市

所在地:茨城県牛久市久野町2083
高さ:120m(展望室は胸部の85m)
眺望:晴れていれば、スカイツリーや富士山まで一望に
備考:牛久阿弥陀大佛が正式名。巨大大仏の足元には2万平方メートルという広大な花畑「定聚園」が広がり、花摘みなどを楽しむことができます

牛久大仏

高さ120mの巨大大仏が茨城県牛久市の牛久大仏。その高さは日本一を誇るだけでなく、ブロンズ製の立像として世界一高い大仏としてギネス記録を持っています。手のひらに奈良の大仏がのってしまうといわれても、大き過ぎて実感がわかないほど。大仏の胸部に

掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ